生命と塩/いつのころからか悪役になった生きるうえで大切な塩/厚生労働省の指導する一日塩分摂取制限に意味はあるのか

調和セラピー光雨の「ゆうすけ」です。

自律神経調和のカギは、
自分を大好きになること。

この投稿が、
あなたがあなたを大好きになるための、
ヒントとなりますように。

かつてのトマトジュースの塩加減がなつかしい

今では塩分無添加があたりまえのトマトジュースですが、

かつてはその絶妙な塩加減も、
各メーカーの力量として評価されていました。

僕の古い知人は、
そんなトマトジュースで、
ウォッカを割って飲むことが大好きで、

そこにタバスコを数滴加えて、
最高の笑顔でその一杯を楽しんでいました。

当然ですが、

当時の彼のカクテル・レシピを再現するためには、
塩分を自前で添加する必要があります。

ですがそんな試行錯誤を繰り返したことで、
別の意味でおいしいカクテルにも出会えました。

それはまさに、
僕にとってちょうどいい塩梅。笑

200グラムのトマトジュースであれば、
ティースプーン半分の自然塩を添加することで、
トマトの甘味も際立っていっそう美味しくなります。

きっとスイカに塩をかけるのと、
同じ理屈なのでしょうね。

一日10グラム以下の塩分摂取をすすめる厚生労働省

そんな塩なのですが、
いつのころからか、

塩は健康を害するものとして扱われ、
今にいたります。

ご存知のように、

厚生労働省は一日の塩分摂取量を、
10グラム以下にするように指導しています。

調理で塩をあつかう人ならわかるはずですが、
塩加減はわずか0.1グラムでも、
レシピの仕上げを劇的に変えます。

僕のご提供している料理動画の、
記念すべき最初の作品で、
もやしの漬物をご紹介していますが、

ほとんどの野菜の場合、
その重量の2.5%の自然塩添加で美味しく仕上りますが、

白菜などでは2.2%が最適であり、
この0.3%の差は大きな違いとなります。

つまり、ざっくりと10グラム以下にせよといわれても、
感覚的にわかりにくいですし、

そもそも精製塩と自然塩を同じ分類としてとらえ、
指導している厚生労働省は、
食に対する理解がないとしか思えません。

塩分の摂りすぎは、
高血圧を招くリスクがあると主張する彼らですが、

それは成分の99%が塩化ナトリウムの精製塩のはなしであって、
海水からつくる自然塩にはあてはまりません。

自然塩には塩化ナトリウムのほかにも、
カルシウム、マグネシウム、カリウムなどの天然ミネラルを含み、

そうした成分の織りなす旨味は、
甘味さえも感じさせますが、

食卓塩に代表される精製塩は、
ただただ塩辛いだけです。

また自然塩はしっとりとしていますが、
精製塩は不気味なくらいサラサラしていますよね。

それは、塩基性炭酸マグネシウムを添加することで、
本来の塩にあるべとつきをなくし、
消費期限を長くしているのです。

これを逆にいえば、
まともな塩には消費期限があるということになります。

ひとくちに「塩」といっても、
これだけ違うのですから、

生活における塩との距離感は、
思っている以上に大切なのかもしれませんね。

光雨とLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録ください。※もっと詳しく

この記事の書き手

ゆうすけ

調和セラピー光雨代表。自律神経専門セラピスト。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、右目の故障から37歳でリタイアし、不思議な縁に導かれて沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然由来の代替セラピーを極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な7つの代替ナチュラルセラピーを統合させた、独自の「調和セラピー」を提供する。

自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら
自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら