齋藤 暢弘/さいとう のぶひろ

2017年まで『ゆうすけ』として活動。自律神経の調和と自己肯定感アップを、全力でサポートするセラピスト。シンガーソングライタ、エッセイストとしても活動中。世界特許の安全装置を開発したロボットエンジニアだったが、右目の故障から37歳で退職し、41歳の冬に沖縄へと移住。自らのパニック障害克服を通じて自然由来の代替セラピーを極めると決意し、その先進国イギリスとオーストラリアへの5回の留学を含む、多岐に渡る学びと臨床から生まれた心身に優しい独自の調和セラピーによって、利用者の自律神経系諸問題を根底から解決し、自己肯定感を最大限まで高めることをミッションとする。2009年の初著出版後、エコロジカルな生活に目覚め、ヴィーガン(純菜食者)となる。1959年、東京都品川区出生。料理と掃除、猫とのひとときを愛する、典型的な乙女座気質。身体年齢は、実年齢マイナス30歳。

シンガーソングライタとしての活動記録

2002年 銀の月

2004年 ふたり

ヘリオス酒造「くら」テレビCM曲/2004年~2009年

自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら
自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら