テロメア

テロメア/寿命の回数券

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

「活性酸素」という単語を、
少なからず耳にしている人は多いでしょう。

それは、身体の健康を損なう、
ある意味では強敵であり、

それだけではなく、活性酸素による攻撃は、
僕たちを長生きさせない、大きな要因になります。

それには、僕たちの細胞核内にある、
染色体末端にあるテロメアについての説明が必要です。

テロメアは、別名「寿命の回数券」とも呼ばれます。

僕たちは誰もが生誕時に、
一万塩基のテロメアを持って生まれますが、

これが半減すると死を迎えます。

テロメアを基準に計算すると、
誰もが100歳まで生きられるのですが、

年々、減り続けるテロメアは、
病気をせずに一年を過ごせば、
50塩基の縮小で留まるのに対し、

肥満や高血圧、糖尿病などに蝕まれると、
その減少は加速します。

テロメアは、DNAとタンパク質からできていますが、
それを減少させない方法があります。

全粒穀物、食物繊維等を摂取して、
免疫力を高めれば、

テロメアの自然退縮が抑えられることは、
科学的にも確認されています。

活性酸素はそれ自体でも、
それが引き起こす病気によって、
テロメアの消耗を加速させますが、

免疫力を高めて活性酸素を消せば、
計算上は130歳以上の長寿も可能といわれています。

免疫力を高めるためには、
腸内環境を改善して血液の質を高めること、

そのためには、腸内善玉菌のエサとなる、
緑黄色野菜、豆類や未精製穀類、果物などによって、
抗酸化物質を積極的に摂取することも必要です。

ちなみに、僕たちの腸という臓器は、
免疫の70パーセントを作り出しています。

ここは、消化吸収の中心であると同時に、
メンタルの影響も受けやすい場所であることは、

多くの人が体験済みなのではないでしょうか。

一旦減ったテロメアは増えることはなく、
だからこそ、寿命の回数券と、
呼ばれるに至ったのですが、

数十年前までは、その考えは正しく、
テロメアを増やす発想など言語道断でした。

しかし、世界は変わっており、
これまで無かったことが起きる時代に突入しています。

今は、あなたの生き方次第で、
人生の質を大きく変えることができる時代なのです。

その答えは、自然則に沿うことだと、
そして、自分を愛する(自己肯定感を高める)ことだと、

僕は確信していますし、
この身体で実証するつもりです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 生薬

    生薬

  2. 妖精に会いたい

    妖精に会いたい

  3. 一万年前からの適応力

    一万年前からの適応力

  4. 奇蹟の手術

    奇蹟の手術

  5. 人生は挑戦の連続

    観念

  6. 自由

    自由

PAGE TOP