疲れの正体

疲れの正体

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

あまりにも身近な「疲れ」に関する、
興味深い実験があります。

疲れている動物から採血し、
休養した動物に、それを注射すると、

あらゆる疲労の徴候が現れたというものです。

筋肉やその他の器官から、
血液中に放出された毒素の働きによって、

疲労が生じることを、この実験は証明しました。

また、疲労によって、
人の代謝が変わってしまうことも、

多くの臨床結果によって裏付けられています。

疲れている人は呼吸がはやく、
瞳孔は開き気味で、血圧は高く、
白血球が増えています。

これらの肉体的徴候は、
睡眠をとってしっかり休んだ人や、
瞑想等によってくつろぎの中にいる人とは、

それこそ、まったく逆の状態です。

健康だった人に疲労が蓄積される、
そのメカニズムについては諸説あります。

例えば、強い否定的な感情を抱くことで、
体が弱ったような気になり、
精神的な混乱から疲労困憊になるという説は、

強力な感情のもたらす、
気力喪失の説明にはなりますが、

感情の起伏とは無関係な、
疲労の説明にはなりません。

疲労とは一種の警告であって、
それは自己防衛だとする心理学的説もあり、

態度や活動が激し過ぎたり、
そしてそれが長引いたりしたとき、

疲労症状を現すことで、
そうした問題の深さを当人に伝えているという説です。

さらには、自身の内にある、
受け容れ難い姿勢や考えに注目して、
そこに疲労の原因を見出そうとする説もあります。

人間は、そうした考えを抑制し、
秘密にしようとするのですが、

そのためには多大な労力を消費するため、
エネルギーが底をついたときに、
肉体的徴候となって現れるというものです。

この他にも、特に心理学者たちからは、
興味深い意見が、多く発表されていますが、

転生の奇蹟を思い起こせば、
疲労の正体はシンプルに説明できます。

疲労とは、魂との約束を、
心が無視した状態の体に、特に顕著に現れる反応
です。

以前、ある小学校の男性教諭が、
ひかりあめにふらっと入店され、

開口一番、こうおっしゃいました。

 毎日、毎日、疲れてしょうがないんだ。
 表の看板が気になって入って来たんだけど、
 何かイイ薬はありますか。

当時のひかりあめの看板には、
屋号や開所日、開所時間などと一緒に、
こんな文言も書かれていました。

 薬も、通院も、要らない暮らしへ。
 心身に優しい、調和療法の治療所

僕は、こう応えました。

 あなた、今の仕事、気に入ってないでしょう。
 好きな仕事じゃ、ありませんよね。

彼は、一瞬驚いた顔を見せましたが、
すぐに気を取り直し、こう返したのです。

 例えそうであっても、それをぐっと我慢して、
 毎日取り組むのが大人ってもんです。

この遣り取りこそ、
疲労の仕組みを教えてくれています。

そして、彼のそんな観念こそ、
社会においては常識なのかもしれません。

それと同時に彼のそんな姿勢が、

彼の教える子供たちに影響しないで欲しいと、
祈らずにはいられませんでした。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. ふたつの共鳴

    ふたつの共鳴

  2. 母乳とタンパク質

    母乳とタンパク質

  3. 少食と健康

    少食と健康

  4. 親と子

    親と子

  5. 免疫の再構築

    風邪を味方にする

  6. 思考と健康

    思考と健康

PAGE TOP