リンパを知る②

リンパを知る②

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

前回から、リンパのお話しをしています。

リンパ系は、血液と異なり、
「往路」の存在しない「帰路」だけのシステムで、

その流れの中で、体内の異物、ばい菌、老廃物を、
除去してくれる点をご説明しました。

今日は、そんなリンパ系の、実際の流れ方について、
もう少し詳しくお話ししたいと思います。

まずリンパ系が、実際にどのように
張り巡らされているかを知る必要があるのですが、

その特徴の一つは、左右対称ではないことでしょう。

そしてさらにリンパには、
浅いリンパと深いリンパが存在します。

今日はこの2点を、掘り下げてみますね。

全身のリンパの流れは、
左と右とで異なる経路を有します。

最も特徴的なのは、下肢、つまり腰から下の全ては、
左リンパ系に属するということです。

身体の左側は、下半身の浅いリンパから、
腹部の深いリンパへと向かい、

そこから胸管を通って、左上半身の浅いリンパに合流し、
左鎖骨下にある、左の静脈角へと流れます。

胸管とは、別名「左リンパ本幹」ともいいます。

一方、身体の右側は、右上半身の浅いリンパが、
右リンパ本幹に集まり、

右鎖骨下にある、右の静脈角へと流れます。

上記の説明で、お判りと思いますが、
下半身全域を担当する左側のリンパは、
右側リンパより分布域が、かなり広いのです。

左側リンパ系の担当する下肢のリンパ管は、
足の付け根となる鼠蹊部に集まり、

この鼠蹊部のリンパと、骨盤からのリンパが集まって、
腰リンパ本幹となります。

ここに、腸からのリンパを集めた、
腸リンパ本幹が合流しますが、

その際、小腸から吸収された脂肪が
腸リンパ本幹で運ばれて合流するので、

ここでのリンパ液は白濁しています。

この合流点を乳び槽といい、
腰椎3番の近傍にあるため、

オステオパシィで脊椎を弛緩することで、
深いリンパであるにも関わらず、
その流れが活性化されることになります。

また、浅いリンパは、
皮膚の直下、静脈の近くを流れています。

足先や指先などでは、複数の毛細リンパが、
皮膚のすぐ下を流れており、

そうした毛細リンパが合流を繰り返すことで、
太いリンパ管へとなって行きます。

そのため、マッサージなどでリンパの流れを改善させることで、
浮腫みや筋肉疲労、コリやハリが緩和される他に、
リンパの代謝が良くなります。

リンパ管は上述の通り、皮膚の直下にありますので、
マッサージでは優しい圧を加える程度にしましょう。

掌の柔らかい部分、または指の腹を使って、
ゆっくりと、さするくらいが丁度よいでしょう。

一方、深いリンパは、身体の深部を流れます。

血管に沿って流れ、
内臓に絡みつくように張り巡らされています。

ここにも刺激を与えることで、リンパの流れは良くなり、
その結果、内臓の働きまで良くなります。

マッサージで、深いリンパまで刺激を与える場合は、
程良い圧力を両手で全体にかけるようにしますが、

オステオパシィでは、脊椎を弛緩することで、
その脊椎の担当する神経系、臓器に刺激が加わり、
リンパの流れにまで影響を及ぼすのです。

次回、リンパの最終回では、
リンパの流れる、その速さについてお話ししますね。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 奇蹟の手術

    奇蹟の手術

  2. 感染症と自律神経

    感染症と自律神経

  3. 人生は挑戦の連続

    観念

  4. 免疫の再構築

    風邪を味方にする

  5. 世界最高の非来所型治療所へ

    非来所型の自然療法所へ

  6. 食品ピラミッド

    四大基礎食品グループの敗北

PAGE TOP