調和療法のひかりあめ https://hikariame.jp 自律神経専門の自然療法所@沖縄北中城 Sun, 05 Jul 2020 07:47:03 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.4.2 テロメア https://hikariame.jp/telomere/ Sun, 05 Jul 2020 07:47:02 +0000 https://hikariame.jp/?p=646 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

「活性酸素」という単語を、
少なからず耳にしている人は多いでしょう。

それは、身体の健康を損なう、
ある意味では強敵であり、

それだけではなく、活性酸素による攻撃は、
僕たちを長生きさせない、大きな要因になります。

それには、僕たちの細胞核内にある、
染色体末端にあるテロメアについての説明が必要です。

テロメアは、別名「寿命の回数券」とも呼ばれます。

僕たちは誰もが生誕時に、
一万塩基のテロメアを持って生まれますが、

これが半減すると死を迎えます。

テロメアを基準に計算すると、
誰もが100歳まで生きられるのですが、

年々、減り続けるテロメアは、
病気をせずに一年を過ごせば、
50塩基の縮小で留まるのに対し、

肥満や高血圧、糖尿病などに蝕まれると、
その減少は加速します。

テロメアは、DNAとタンパク質からできていますが、
それを減少させない方法があります。

全粒穀物、食物繊維等を摂取して、
免疫力を高めれば、

テロメアの自然退縮が抑えられることは、
科学的にも確認されています。

活性酸素はそれ自体でも、
それが引き起こす病気によって、
テロメアの消耗を加速させますが、

免疫力を高めて活性酸素を消せば、
計算上は130歳以上の長寿も可能といわれています。

免疫力を高めるためには、
腸内環境を改善して血液の質を高めること、

そのためには、腸内善玉菌のエサとなる、
緑黄色野菜、豆類や未精製穀類、果物などによって、
抗酸化物質を積極的に摂取することも必要です。

ちなみに、僕たちの腸という臓器は、
免疫の70パーセントを作り出しています。

ここは、消化吸収の中心であると同時に、
メンタルの影響も受けやすい場所であることは、

多くの人が体験済みなのではないでしょうか。

一旦減ったテロメアは増えることはなく、
だからこそ、寿命の回数券と、
呼ばれるに至ったのですが、

数十年前までは、その考えは正しく、
テロメアを増やす発想など言語道断でした。

しかし、世界は変わっており、
これまで無かったことが起きる時代に突入しています。

今は、あなたの生き方次第で、
人生の質を大きく変えることができる時代なのです。

その答えは、自然則に沿うことだと、
そして、自分を愛する(自己肯定感を高める)ことだと、

僕は確信していますし、
この身体で実証するつもりです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう

]]>
疲れの正体 https://hikariame.jp/tiredness/ Sat, 04 Jul 2020 08:26:13 +0000 https://hikariame.jp/?p=641 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

あまりにも身近な「疲れ」に関する、
興味深い実験があります。

疲れている動物から採血し、
休養した動物に、それを注射すると、

あらゆる疲労の徴候が現れたというものです。

筋肉やその他の器官から、
血液中に放出された毒素の働きによって、

疲労が生じることを、この実験は証明しました。

また、疲労によって、
人の代謝が変わってしまうことも、

多くの臨床結果によって裏付けられています。

疲れている人は呼吸がはやく、
瞳孔は開き気味で、血圧は高く、
白血球が増えています。

これらの肉体的徴候は、
睡眠をとってしっかり休んだ人や、
瞑想等によってくつろぎの中にいる人とは、

それこそ、まったく逆の状態です。

健康だった人に疲労が蓄積される、
そのメカニズムについては諸説あります。

例えば、強い否定的な感情を抱くことで、
体が弱ったような気になり、
精神的な混乱から疲労困憊になるという説は、

強力な感情のもたらす、
気力喪失の説明にはなりますが、

感情の起伏とは無関係な、
疲労の説明にはなりません。

疲労とは一種の警告であって、
それは自己防衛だとする心理学的説もあり、

態度や活動が激し過ぎたり、
そしてそれが長引いたりしたとき、

疲労症状を現すことで、
そうした問題の深さを当人に伝えているという説です。

さらには、自身の内にある、
受け容れ難い姿勢や考えに注目して、
そこに疲労の原因を見出そうとする説もあります。

人間は、そうした考えを抑制し、
秘密にしようとするのですが、

そのためには多大な労力を消費するため、
エネルギーが底をついたときに、
肉体的徴候となって現れるというものです。

この他にも、特に心理学者たちからは、
興味深い意見が、多く発表されていますが、

転生の奇蹟を思い起こせば、
疲労の正体はシンプルに説明できます。

疲労とは、魂との約束を、
心が無視した状態の体に、特に顕著に現れる反応
です。

以前、ある小学校の男性教諭が、
ひかりあめにふらっと入店され、

開口一番、こうおっしゃいました。

 毎日、毎日、疲れてしょうがないんだ。
 表の看板が気になって入って来たんだけど、
 何かイイ薬はありますか。

当時のひかりあめの看板には、
屋号や開所日、開所時間などと一緒に、
こんな文言も書かれていました。

 薬も、通院も、要らない暮らしへ。
 心身に優しい、調和療法の治療所

僕は、こう応えました。

 あなた、今の仕事、気に入ってないでしょう。
 好きな仕事じゃ、ありませんよね。

彼は、一瞬驚いた顔を見せましたが、
すぐに気を取り直し、こう返したのです。

 例えそうであっても、それをぐっと我慢して、
 毎日取り組むのが大人ってもんです。

この遣り取りこそ、
疲労の仕組みを教えてくれています。

そして、彼のそんな観念こそ、
社会においては常識なのかもしれません。

それと同時に彼のそんな姿勢が、

彼の教える子供たちに影響しないで欲しいと、
祈らずにはいられませんでした。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう

]]>
プラセボ https://hikariame.jp/placebo/ Sat, 27 Jun 2020 08:05:28 +0000 https://hikariame.jp/?p=632 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

思考の働きだけで、
病気の経過は変わります。

有名なプラセボ効果は、まさにそれで、
偽薬効果などとも呼ばれていますが、

薬の効果に対する期待が、
実際に症状を軽減させてしまうものです。

ちなみにプラセボとは、ラテン語で、
「わたしは喜ぶだろう」という意味だとか。

最近の研究によると、
潰瘍の出血に苦しんでいるグループに対して、

潰瘍治療に効果があって、
広く使われいる薬だと説明され、

与えられた薬を服用した患者は、
その70%以上が好転したのに対し、

同じ薬を、これはまだ実験的なもので、
効き目もはっきりしていないと説明され、

それを服用した患者は、
25%しか効き目をみせませんでした。

ちなみに、このとき双方に与えられた薬は、
無害な色素を着色された糖分錠剤でした。

これまでプラセボ効果は、
多かれ少なかれ患者を騙すことによって、

あるいは、患者が自分自身を騙すことによって、
本当の治療に代わるものとして考えられて来ました。

つまり医師側は、
プラセボ効果を認めてはいましたが、

興味深い心理作用ぐらいにしか、
捉えていなかったのです。

しかし最近では、

プラセボが身体に自然治癒を引き起こすことが、
数多くの実験によって知られています。

将来的に良く考えてみれば、
プラセボこそ、全てに勝る薬剤なのかもしれません。

いいかえるなら、

プラセボとは、治療作用が起こるように、
心が自分自身に与える許可なのかもしれません。

最近では、癌を含む難しい器官疾患の治療に、
プラセボを検討している研究者たちも、
数多くいるようです。

自身の膠原病を克服した、
国際的ジャーナリストのノーマン・カズンズ氏は、
その著書で、プラセボの可能性を社会に喚起しました。

プラセボとは、薬というよりは、
むしろプロセスだ。

患者の内に住む医者である。

プラセボは、神経伝達物質の放出を通じて働きます。

つまり、実際には、

プラセボ自体が働いているのではなく、
患者の思考がプラセボを発動させる
のです。

先の潰瘍の研究においては、
この薬は間違い無く効く!という患者の信念ゆえに、
出血が止まったのであり、

信念が弱ければ、
それだけ治療効果も弱かったことを証明しました。

プラセボ効果は、このように絶大で、
ある別の研究では、
吐き気を抑える薬だとしてプラセボ薬を与えたところ、

その吐き気は止んでしまったのですが、
実際には、吐き気をもよおす薬でした。

信念が一定の方向付けをされるとき、
薬効が強められるどころか、

全く反対の薬効すら生じさせることさえ可能なのです。

思考が治癒的効力を持つには、
ある期間以上、その思いを疑うことなく抱き続け、
心から信じている状態を保つ必要がありますが、

それはネガティブさや緊張とは無縁の、
心地よく信じ続けられることが大切なのでしょう。

ひかりあめは、自律神経専門の自然療法所という、
一風かわったスタンスの治療所ですが、

そのすべての治療は、薬物とは完全に無縁です。

思考パターンや心の状態が、
これほど重要なのですから、

薬物療法よりも心理的なリーダーシップの方が、
どれだけ助けになることなのか、

僕はその答えを信じ続けているから、
この仕事を続けているのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>
思考と健康 https://hikariame.jp/thinking-and-health/ Fri, 26 Jun 2020 08:02:14 +0000 https://hikariame.jp/?p=629 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

さて、「楽しさ」とは、
幸福感の一つですが、

健康な人は、不健康な人より幸福ですし、
幸福な人は、不幸な人より健康なものです。

つまり、幸福である!ということは、
いつも幸せな思いを抱いているわけです。

そうした思いは、
脳の中で生化学的な変化を引き起こし、

やがて身体の生理に、
有益な効果をもたらします。

一方、悲しみや憂鬱感は、これとは異なり、
生理機能に有害な影響を及ぼします。

思考の働きを媒介する脳内物質は、
神経伝達物質とも呼ばれ、

少なくとも30種類が、
脳組織内に存在すること、

そして、人それぞれの気質に応じて、
神経伝達物質の比率も異なることが、科学的にも確認されています。

さて、そんな思考ですが、
それは意識のコントロール下にありますので、

脳の中で行われる生化学反応を、
科学的に分析することは難しくても、

思考を通じて、
それをコントロールすることは可能です。

つまり「考える」とは、
すなわち、脳の科学作用を促すこと
でもあるのです。

この作用は、視床下部や脳下垂体など、
脳の様々な部位のホルモン分泌に影響を与え、

身体器官の隅々にまで、
そのメッセージを運びます。

ネガティブな思考を、例に挙げてみましょう。

怒りや敵意は、心拍数を高め、
血圧を上昇させ、顔に血をのぼらせます。

不安もまた、手の震えや冷汗、胃痛とともに、
心拍数を高め、血圧を上昇させます。

怒りや敵意、不安という思考は、
体調にそのような変化を引き起こす化学変化を、
脳の中で生じさせるわけです。

つまり、激しく掻き乱された「思い」は、
脳における化学作用を歪めてしまうのです。

一方、愛や平和、安らぎ、
友情、寛容、親密感など、

幸福な思考のすべても中枢神経に働きかけ、

神経伝達物質やホルモンの分泌を促し、
それぞれに相応した、生理状態を生み出します。

こうした、幸福な思考による生理機能の変化は、
神経伝達物質によって身体各所に伝えられ、

身体を健康な状態へと導きます。

こうして見てみると、

身体の免疫システムが、
ネガティブな感情によって弱められるのなら、

幸福でポジティブな思考は、
同じ様な効果を逆方向に発揮することによって、

病気に対する抵抗力を、
増強させないわけがありません。

ですから、僕のように、
猫の表情ひとつで幸せになれる人間は、

ある意味、それだけで幸せものと言えます。

お問合せの中で、かなりの数をしめるご質問が、
調和療法の中のひとつ、無意識浄化療法についてです。

それは、とてもひとことで説明できる内容ではありませんが、
今日の投稿が、その大筋を
あらわしているといっても過言ではありません。

普段、何気ない状態で思っていることは、
顕在意識の管理下であるにも関わらず、

もはや潜在意識へも侵蝕している可能性の高いものですので、

自身の思いと向き合うことは、
真の健康への近道
といえるでしょう。

良い思いを携えることは難しいことかもしれませんが、
僕たち自身にしかできないことであり、

その価値は相当高いようです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>
ふたつの共鳴 https://hikariame.jp/two-resonances/ Sat, 20 Jun 2020 07:38:22 +0000 https://hikariame.jp/?p=617 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

今日は、似たもの同士の共鳴現象のお話しです。

ひとことで「似たもの」と表現していますが、

実際には、その特徴が目で見える場合と、
見えない場合のふたつが存在します。

形の似ている、
つまり目で見えるもの同士の共鳴と、

機能の似ている、
つまり見えないもの同士の共鳴です。

前者を相似的共鳴
後者を機能的共鳴といいます。

共鳴とは元来、同じ周波数を持ったもの同士が、
互いに強い反応を示す自然現象であり、

良く耳にする「類は友を呼ぶ」で例えられる、
宇宙の法則でもあります。

ちなみに、僕の正業である調和療法における
フラワーレメディの治療原理も、
この共鳴が引き起こすものです。

同じ周波数やオクターブ違いの周波数が存在すると、

それが音源であれ、光源であれ、振動であれ、
必ず共鳴現象が起こります。

ご存じのとおり、あの「津波」も、
相似的共鳴の起こす自然災害です。

それではまず、その相似的共鳴からお話ししましょう。

プリニウスの記した「植物誌」には、
クルミを使った脳の治療について書かれていますが、

殻を割った状態のクルミの実は、
確かに脳の形に似ています。

そのため、頭部に障害のある患者に対して、
クルミを食べさせたり、
クルミオイルを頭部に塗ったという記録が残っています。

このように、形状の似ているもの同士が、
互いに影響を与え合うことを、
相似的共鳴と言います。

神社の厄払い行事で、
人形(ひとがた)の紙を使う儀式も、
相似的共鳴の原理を活かしたものです。

フラワーレメディにおける植物探しも、
この共鳴を応用したものですから、

そんな意味でも、この相似的共鳴については、
僕もかなり以前から認識していました。

ところが、ふたつめの機能的共鳴については、
知っていながら、そこまで意識していませんでした。

つまり、こういうことです。

機能的に似ているもの同士が、
互いに強く影響を与え合う類の共鳴なのです。

六年前の年明けに、わが家では
かなり大掛かりな断捨離をしたのですが、

その成果で住居部のロフトの風通しが、
抜群に改善されました。

風水的にいうと、屋根裏のような場所は、
人間の頭部と機能的に似ています。

そのため、この部分が綺麗に掃除され、
風通しが良くなれば、

家人の頭部の問題が解決したり、
脳がすっきりして、良いアイデアが浮かんだりと、

そんな状態を引き起こすことになります。

それから、僕の大切の日課の一つに、
台所や洗面所、浴室の排水掃除があるのですが、

排水周りとは、ポンプを意味することから、
家人の循環機能や心機能を高めたり、

妊婦さんの居る家庭では、
胎内の赤ちゃんのコンディションを、
改善したりすることに繋がります。

玄関の掃除もしかりで、
その家に良き縁を導き入れる場所ですから、

玄関が綺麗で、そして風通しが良ければ、
家人の縁が改善され、
ひきこもりなどが起こるはずもなくなるでしょう。

ですが、これらの仕事のどれにせよ、
家長(家の主人)が関わっていることが大切であり、

かつ、喜んで携わっていることが重要です。

イヤイヤながら掃除をして得られた空間には、
そんな波動が残ってしまうからです。

このようにして、機能的共鳴の意味を味わってみると、
どこか風水のような感じを受けます。

風水では、縁起の良し悪しがメインですが、
実際には、家具や家相における相似的、
あるいは機能的共鳴が、

僕たちの生活に及ぼす影響を暗示しているのかもしれません。

ぜひ、そんなことを意識しながら、
毎日の家事と楽しく向き合ってみましょう。

書斎の机の上を、固く絞った雑巾で水ぶきすると、
妙に仕事がはかどるのも、

きっとこんな共鳴のおかげかもしれません。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>
観念 https://hikariame.jp/ideological/ Wed, 17 Jun 2020 05:43:39 +0000 https://hikariame.jp/?p=611 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

僕たちの暮らす、この三次元時空では、
現実世界で何かが起こると、

つまり、自分の現実に何か問題が起こると、
多くの人は他人や環境に、

いいかえるなら自身を取る囲む何かに、
その原因を見出そうとします。

しかし実際には、それらは、
そんなところから来ておらず、

例外なく、その「何か」は、
自身の内側から来ています。

自身の内奥にある「何か」を、
鏡のように映し出し、
僕たちに気付かせてくれる存在が「現実」です。

つまり、自分の人生の中で、
何か好ましくないことが起こっていたら、

それは自分の「観念」の中に、
変えるべき何かがあることを、

その「現実」が教えてくれているのです。

ですから、こうした、

時空に投影される「現実のメカニズム」を応用すれば、
自分の「望む現実」も作り出せそうですよね。

僕たちの持つ「観念」とは、日頃意識しませんが、
かなり強力に僕たちの人生を左右します。

潜在意識に刻まれていますので、
顕在意識の十九倍のパワーを持ちますから、
それはそれは、おそろしく強力です。

僕たちは、往々にして、

「人生とは、もがき苦しむものだ」と、
思い込んでいる節がないでしょうか。

もし、今のあなたの人生に、
もがき苦しむ状態が展開されているのなら、

それは、あなたがこの観念を持っていて、
それが現実に映し出されていることになります。

それに「もがき苦しむ」という言葉は、
どう聴いても、否定的な響きしかありません。

しかもリアルで、パワフルな否定的な響きです。
苦しくなるのも当然です。

これを「チャレンジ」という言葉に差し替えます。
「チャレンジ」は肯定的な響きですし、興奮さえ覚えます。

また「チャレンジ」は、自身を成長させますし、
拡大させるものでもあります。

ですから「人生は、もがき苦しむものだ」という観念を、
「人生は、チャレンジだ」という新しい観念に、
今日から書き替えてしまいましょう。

そんなことが出来たら苦労しない!
そんな、声が聞こえます(笑)

確かにそうです。

観念を替えるなんて、
とても難しく感じさせますし、

多くの場合、観念とは、

ひとつの観念があると、
その観念しか、
ありえないように見えてしまうものです。

そのせいで、他の観念に気を散らされることなく、
集中してその観念を選ぶことができてしまい、

何かを体験する度に、
その観念を持っていることすら忘れ、
それを現実に投影し続け、

その観念が正しいとさえ(実際には正しくないのですが)
思い込んでしまうのです。

つまり、ネガティブな自動システムが、
僕たちのパーソナリティに、
定着してしまっているのです。

ですが、観念を替えることは、
難しいのではなく、難しく感じているだけ
です。

古い観念を書き替えるのではなく、
あなたから「それ」を抜き取って、捨ててください。

そして、新しい肯定的な観念を「そこ」に差し込んで、
自分の感情とエネルギーを注ぎ込んでください。

この新しい肯定的な観念を、
あなたの愛情で、しっかり感じてください。

エネルギーが高まって来ることを感じてください。

自分には、肯定的で素晴らしい観念が
今、インストールされたんだと宣言してください。

その上で、世界を見渡してください。
現実を見てください。

すると、人生がチャレンジである証拠が、
あちらこちらに、散りばめられていることが判ります。

この作業が上手く行けば、
日常の中に小さな幸せを見出せるでしょう。

それこそが、肯定的な観念が、
現実に映し出され始めた最初の瞬間です。

親や教師、上司や先輩たちが、
事ある毎に声掛けする言葉の一つに、

「頑張ってね!」というのがありますよね。

僕の実家の母親も例外ではなく、
電話の最後の締め括りは、いつもこれです(笑)

おそらく、こうした声掛けの積み重ねが、

人生とは頑張らねばならぬもの、
もがくもの、というイメージを与えたのです。

これからは、それを、
「楽しんでね!」「チャレンジしてね!」に替えてみましょう。

肯定的な観念を、
僕たちのパーソナリティに馴染ませ、

エキサイティングな人生を、
存分に楽しもうではありませんか。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>
生薬 https://hikariame.jp/crudedrug/ Tue, 16 Jun 2020 04:58:50 +0000 https://hikariame.jp/?p=604 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

さて、

西洋医学の医師たちは、
合成薬剤やメスを携え、
症状や病と向き合うのに対し、

自然療法家たちは、
生薬や手技を駆使して、

症状や病の向こう側にある、
患者さんの自然治癒力を、
信じて育てる立場をとります。

これは、もはや差ではなく、
着眼点の違いともいうべきものですから、

施術する側も、ご利用頂く側も、
こうしたスタンスを腑に落としてから、

互いを尊重した上で、
セルフケアに役立てるべきでしょう。

ただ、テロの歴史を見れば
結果はハッキリしているように、

抵抗し続けて成功を勝ち取った例は、
これまで、ただの一度もありません。

優勢だった側が、
スキを突かれて劣勢に陥り、

逃げ残った敗者の残党が、
力を蓄えて復讐劇を起こすことを繰り返す。

これが、歴史に刻まれた、
様々なテロの悪循環の姿です。

この図式は、年々複雑化する現代病と、
西洋医学との攻防と、
まったく同じ絵なのですが、

社会も、そして人々も、
なかなかこの事実に気付けません。

薬を例に挙げましょう。

問題となる症状があった場合、
それを軽減するという意味では、
合成薬剤にも一定の効果があります。

しかも、結果が早くでます。

ただし、これ以上のことは、
何も起こっていないのですが、

結論を急ぐ人々は、
この結果こそが、
治療であると勘違いするのです。

合成薬剤は、

人智を越えた自然の生薬成分のうちの、
ほんの一部を化学的に再現したものです。

化学合成とは、模造と同じであり、
本物ではない
という意味も持ちます。

こうした合成薬剤から、
最良の結果が得られた場合でも、

それらのもたらす恩恵は維持に留まり、
自然治癒力を育てることとは、当然ながら無関係です。

熱が出て、食欲が落ちたなら、
解熱剤を飲めば、熱はひくため、

食欲がでることで免疫力が向上し、
徐々に本来の状態に戻るのであって、

解熱剤がしたことは、
熱を下げただけあり、

元気になったのは、
患者さんが自分の力で、
食事を摂ったことが直接の原因です。

自然療法家が同じ場面に直面すると、

生薬の力で熱をゆっくり下げ、
微細なエネルギーによって、
患者さんの生命場を育てます。

時間は掛かりますが、
そのプロセスが体内に刻まれ、

二度と同じ問題を起こさない身体に
成長することさえあります。

生命力のある薬とは、そういうものです。

生薬という単語自体も、
なかなか素敵な響きですよね。

なのですが、ひかりあめの調和療法では、
そんな生薬さえ使いません。

患者さんが、自らの自律神経の状態を
良く知っていただくこと、

そしてその調和のために、
どんな選択肢が用意されているのかを、
共有すること自体が、生薬をはるかにしのぐのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>
脊椎と姿勢 https://hikariame.jp/posture/ Sun, 14 Jun 2020 06:15:18 +0000 https://hikariame.jp/?p=596 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

脊椎(せきつい)は、
脳脊髄液の干満するルートであり、

その良好な循環が、自律神経の調和の礎となり
健康な心身を育みます。

加えて脊椎には、
多くの神経が集結しているため、
各椎体が本来の位置からずれると、

神経に触れて痛みを伴ったり、
関連する臓器の機能を低下させたりします。

そして、そのずれとは、
0.5ミリ程と、極めて微細ですので、
レントゲンでは確認できません。

特に第3頸椎、第9胸椎、そして第4腰椎の3個所は、
魂と身体がコンタクトするポイントと言われ、

人間がバランスの良い三位一体生命であるための、
重要かつ不可欠な部位とされています。

こうした脊椎の、
機能的な問題を起こすきっかけは、

手術や骨折、事故などが挙げられますが、

最も影響を与えるのは、
何と言っても日々の姿勢です。

こんな話しをすると、
多くの人は「姿勢を正さなきゃ」と思い、

顎をひいて背筋を伸ばした自分の姿を、

そして、ピシッ!と力の入った、
立位や座位を思い浮かべるかもしれません。

ですがそんな、
力んだり、緊張したりする姿勢は、
長続きしませんよね。

心地が悪くて続けられないと、
普段の姿勢に戻ってしまいます。

脊椎にとっての良い姿勢とは、

確かに背筋の伸びた状態ではあるのですが、
不必要な力を込めたものではありません。

それは、重力と上手く付き合い、
バランスの良い楽なポイントを探した、
緊張の解放された状態です。

特に二足歩行をする人間は、
脊椎を伸ばしたその上に、
大きくて重い頭部を乗せるのですが、

脊椎に対して前に、上に、
バランスを取って頭部を置いて、

首の筋肉の緊張が無い状態にしてあげます。

前に置くというのは、
物理的に身体の前に頭部を持っていくのではなく、
後に引くことを止めるという意味です。

上に置くというのも同様に、
頭部を引き下げるのを止めるという意味です。

首の筋肉が楽な状態になっているかどうかは、
後頭部直下の筋肉を手で触ればわかります。

同じように、胴体が長く、
広くなるイメージを、

そして、肩が解放されて、
左右に広がったイメージを、

さらには、脚が骨盤から解放された、
そんなイメージも加えてみます。

背筋を伸ばした状態で、
すべてにおいて解放したイメージを取りつつ、

重力と折り合いを付けながら、
程良く筋力を使っている状態、

それが「良い姿勢」です。

これらのワークが身に付いたら、
軽いウォーキング習慣を定着させ、
脊椎の弛緩した状態を維持することで、

バランスの良い状態に復帰したあとも、
問題は再発し辛くなります。

本来、身体は、

元気になろうとする力がありますが、
良い姿勢がそれを引き出してくれるのです。

緊張のない、あなたにとっての良い姿勢を、
ぜひ、探り出してみてくださいね。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう

]]>
重要性と緊急性 https://hikariame.jp/importance-urgency/ Fri, 12 Jun 2020 07:00:09 +0000 https://hikariame.jp/?p=591 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

表題の2つの性質は、全く異なるはずなのですが、

いざとなると上手く処理できず、
緊急性の高い課題に翻弄されやすくなったりするものです。

一方、何があっても動じず、
自分のペースを貫く人もいます。

この違いは一体何なのでしょう。

実は、この重要性と緊急性は、
出所さえ違います。

重要性とは、
自身の内側から沸き起こる
ものですが、

一方、緊急性は外部からの影響として、
降りかかる
ものです。

本来、重要性という言葉の示す通り、

何があっても優先すべきが
重要性の高い選択肢であるべきなのですが、

重要性に対する認識が日頃から足りないと、
内側から沸き起こるエネルギーが自ずと小さいため、

大した問題ではない外部からの刺激に反応し、
感情が振り回されてしまいます。

その結果、

遣り掛けていたことが頓挫するため、
こうした影響は大きなストレスとなります。

下手をすると、

遣り掛けていたことを忘れたり、
一から出直さねばならなくなったりしますので、

できることなら、
こうした状況は避けるべきでしょう。

そのためにも、自分が今どこにいて、
そして、何処へ向かっているのか、

さらには、目標は何なのかを、
はっきりさせておく必要があります。

そうすることによって、

重要性を優先させる生き方が、
自然とできるようになります。

ちなみに、何処へ向かうべきかについては、
自信のある方向を目指せば良いのです。

自信を開発する方法については、
前回の投稿を参考にして下さいね。

こうして、自信に後押しされる方向へと身体が動くと、
魂が喜びますので、幸せな気分に包まれます。

もちろん、難題に直面すれば、
幸福感とは縁遠い不安や苛立ちも感じるでしょう。

しかし、その壁の向こう側に、
自分の行くべき場所があることが確信できれば、

その問題を越える力が必ず湧いてきます。

こうしたプロセスの中で魂が成長し、
魂の乗り物である身体も成長するのでしょう。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>
自信 https://hikariame.jp/confidence/ Sat, 06 Jun 2020 06:16:33 +0000 https://hikariame.jp/?p=576 ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

空を飛べないことを悩む猫はおらず、
夜、目が見えないからと悩む鳥もいません。

当たり前のことでしょうか。

猫や鳥に関しては、こうして問題無く、
客観的に判断できるのに、

何故か人間は、
他人にできることが自分にできないと、

自信を失い、酷く落ち込んだりします。

そして、そもそも、
自信とは何なのでしょう。

日本人と外国人は、
その違いは一目でわかるものです。

男性と女性も、
そして、大柄の人と小柄の人も、
その違いはすぐにわかります。

人間の心理傾向として、

一見して、明らかに自分と違う人とは、
自身を比較しようとはしませんが、

見かけが似ていれば似ているほど、
そして、存在が身近であればあるほど、

比較してしまうようです。

しかし実際は、全生命がすべて異なる存在です。

見かけが、どれだけ似ていても、
存在が、どれだけ身近でも、

せっかちな人もいれば、思慮深い人もいます。

社交的な人もいれば、孤独を愛する人もいます。

双子であっても、性格の異なるケースは多々あります。

外国人と自分を、そして、
動物や魚と自分を比べることの無いように、

同じ存在はふたつと無いのですから、
自分以外の存在と自分を比べる必要はありません。

比べるべきは他者ではなく、

昨日の自分と今日の自分、
今日の自分と明日の自分です。

分が自分であるという事実を受け容れ、
じて楽しむコトこそが、

自信の礎であり、
僕たちの選ぶべき道です。

他人にできることを羨むのは筋違いであり、
自分にしかできないことを尊重し、

積極的に成長させましょう。

昨日より、今日。
今日より、明日に向かって。

そして、

自信を持つということは、
確かに自分を認め讃えるという意味を持ちますが、

自分だけを評価した生き方は、
最終的に自己崩壊します。

自分を認める生き方のその土台には、

自分以外の存在も、
認め讃えるという前提があることを、
忘れてはなりませんよね。

昨日のブログのテーマだった「支え合い」は、
別の角度からみると、

それは「認め合い」でもあるのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう
]]>