火傷と頭痛

火傷と頭痛

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

疾患や症状について、
あなたはどんな認識を持たれていますか。

この問い掛けは、かつて月例で開催していた、
ひかりあめの健康教室で、毎回お尋ねしたことです。

まず、火傷と頭痛について、
これらを、どんなカテゴリーで分類しているかを自問すると、

自分たちが、いかに西洋医学や対症療法に浸っているかを、
知ることができます。

 火傷は傷の大きさにもよるけれど、
 これは病気じゃないよね。

 頭痛は、何かの病気の前触れじゃないかな。
 病院に行ける時間的な余裕があるなら、行っておきたいなあ。

おそらく、こんな見解が相場でしょう。

もちろん、間違っているとは申しませんが、
この発想は、大切なことを見落としています。

火傷を体験していない、例えば幼い子供は、
当然ですが、火傷の痛みを知りません。

ですから、興味の赴くままに、
煮え滾る湯に手を突っ込めば、当然火傷をします。

火傷という症状を通じて、
皮膚の燃えるような痛さを知り、
もう、二度と熱湯に手を触れることは無くなります。

最も大切なことは、

熱湯は危険だということを学ぶことであり、
火傷の治療は、その結果を処置する方法論でしかありません。

頭痛も同じです。

以前、那覇市内のクリニックで、
フラワーレメディ外来を担当していた際、

80代の女性から、こんな質問を受けました。

 わたしは冬になると頭痛が酷くなるんです。
 特に寒い日の朝、
 外出しようとすると、頭が割れるように痛みます。
 病気なんでしょうか。

この問に対して僕は、正常ですよと応えました。

寒い外気に触れたことで、頭部の血流が影響を受け、
血管近くの敏感な神経細胞に信号を出しただけだからです。

これは、いたって正常な生態反応です。

もうひとつ加えるなら、それは、
外は寒いから、もう一枚服を着たほうがいいよという、
身体からのメッセージでもあります。

それなのに彼女は、
頭痛薬を飲んで外出していました。

身体に良い筈がありません。

病気でもない正常な生態反応を、
病気かもしれないと心配し、

そして、身体からの貴重なアドバイスを無視したという、
二重の問題を抱えたのです。

火傷も頭痛も、

あなたの身体が、
身体を張ってあなたに伝えようとする、
大切なメッセージです。

症状の全てが、そうでしょう。

辛い症状を緩和したい気持ちは判りますが、

そのような大切なメッセージを、
現代医学や薬学の力で、消失させてしまって、
果たして良いのでしょうか。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 黒猫

    記憶する筋肉

  2. 偽薬というプロセス

    プラセボ

  3. あなたの背後にある赤いもの

    偉大なる味方

  4. テロメア/寿命の回数券

    テロメア

  5. 食品ピラミッド

    四大基礎食品グループの敗北

  6. 愛と健康

    愛と健康

PAGE TOP