風邪を味方にする

免疫の再構築

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

自然災害の多かった今年の夏は、
風邪をこじらせた方も多かったようです。

風邪というのは不思議なもので、
忙しい人は発症し難いという特徴があります。

風邪をひいている暇がない…などと、
冗談交じりの話題になったりしますが、

これには立派な理由があります。

まず、忙しいと活動量が増えるため、
自ずと代謝が高まり、

それに応えるようにして、体温も高めになり、
その結果、白血球の力が強くなります。

白血球のマクロファージの段階で、
ウイルスが処理される状態がこのときです。

ところが忙しさが一段落し、
ホッと安堵したときに風邪をひきやすくなるのは、

忙しいときと反対の状態が体内で起こり、
ウイルスに対して無防備になってしまうからです。

もちろんこのときに、

免疫力が落ちていることが、
風邪を発症させる大きなキッカケになります。

免疫力が落ちると、
帯状発疹やヘルペスが現れて、
僕たちを驚かせますが、

実は、ウイルスと免疫システムが闘ったあとは、
免疫力は高まるようにできています。

つまり、風邪をひいた後は、
リンパ球が増えて免疫力が高まりますので、

風邪をひいてしまったときは、
しっかりひいた方が良いくらいなのです。

ですから、風邪のひきはじめの数日は、
安易に熱を下げる薬などを飲むべきではなく、

むしろ、熱が逃げないように、
布団をかぶって温かくし、

汗を掻くくらいまで身体を温めることで、
免疫力を回復させることも可能です。

市販の総合感冒薬も、
病院処方の炎症止めも、

これらの消炎鎮痛剤は、
炎症を起こす要因を阻害しますので、

腫れがひいたり、
熱が下がったり、

痛みがとれたりして一時的には楽になるのですが、

傷付いた粘膜を修復するための反応も
阻害してしまいますので、

風邪を長引かせることにもなりかねません。

臨床試験でも薬を飲まなかった人は、
平均2.5日間で治っているのに対し、

薬を飲んだ人は、
5日間から一週間まで延びたという結果もあります。

特に子供の場合、

様々なウイルスと向き合いながら、
大人レベルの免疫力を獲得しますので、

風邪は予防せずに自然体で過ごした方が、
得策なのかもしれません。

免疫力を高めるためには、
生き方の見直しが最優先ですが、

風邪に対しても免疫獲得のチャンスと捉え、
薬で解決しないように心掛けたいものですね。

ちなみに、こうした風邪も、
世間を騒がせる新型コロナ感染症も、

ウイルス感染をキッカケに起こる
同じような身体問題と捉える専門家さえ少なくありません。

あの世界的な大パンデミックとなったスペイン風邪にも、
なぜか「風邪」という単語があてられていますが

原語では「The Spanish flu(スペインのインフルエンザ)」であって、
ちっとも風邪ではありません。

一般的な風邪は、季節の変わり目など、
環境の変化に対する身体免疫の再構築であり、

新しい環境に存在するウイルスたちと
正常に向き合うための免疫力を
身体が獲得するための自然な反応であって、

新型コロナ感染症のウイルスは
それらとはまったく異質な存在ですので、
この投稿の理屈は通用しません。

必要な感染対策を施した上で、
自身の免疫力が落ちぬよう努めましょう。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 母乳とタンパク質

    母乳とタンパク質

  2. 思考と健康

    思考と健康

  3. 世界最高の非来所型治療所へ

    非来所型の自然療法所へ

  4. 古典ホロスコープ療法と自律神経

    古典ホロスコープ療法と自律神経

  5. 偽薬というプロセス

    プラセボ

  6. 食品ピラミッド

    四大基礎食品グループの敗北

PAGE TOP