記憶する筋肉

黒猫

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

プロポーションの気にならない人は、
恐らくいないはずです。

いつまでも若々しく、
そして、スマートでいたいと思うことは、
自然な欲求と考えて良いでしょう。

ところが、そう言った
理想的なボディを手に入れるには、

過酷なトレーニングが必要だと、
信じて疑わない人も多いものです。

もちろんそれも、
ある程度までは正しいのですが、
相応しい答えではありません。

スポーツが理想のボディを作るのではなく、
日頃から良く使う形に、
筋肉が変わって行くだけ
なのです。

つまり、筋肉は記憶する性質があるため、
日頃の僕たちの姿勢や仕草が、
その体型を保っているだけなのです。

僕たちの身体は、

骨の周りに沢山の筋肉があって、
運動や姿勢を維持するために機能しています。

顔も表情筋に覆われていますので、
ネガティブなことばかりに執着していると、
眉間にシワができるのは、

そういう顔の形を
筋肉が記憶してしまったのです。

顔をスポーツで鍛える人は、いませんよね。

反対に、無重力状態の場所に長時間いると、
筋肉が衰えると言う話しも
どこかで聞いたことがあると思います。

これは、重力から身体を支えなくても良いと、
筋肉が記憶したために起こることです。

ですから、

お腹の回りが気になると言いながら
猫背で過ごすことは矛盾しています。

背中を丸めれば、お腹に脂肪が移動し、
その状態を筋肉が支え始め、記憶してしまいます。

つまり、自分からすすんで、
お腹をポッコリさせているわけです。

また、その姿勢を続けることで、
肩甲骨が肋骨(ろっこつ)に癒着してしまい、
鎖骨の稼動範囲が狭くなって、

四十肩や五十肩の原因になるだけでなく、
肩に繋がる筋肉が弛むことで、
女性の嫌いな弛んだ二の腕を作り出します。

最近、背中を丸めている若者も多いですが、
そのままの姿勢をずっと続ければ、

二の腕は弛み、
お腹がポッコリとなり、

中年以降には、四十肩や五十肩で苦しむことが
保障されてしまっていると言っても
過言ではありません。

こんな保障は要りませんよね。

垂直な壁を背にして、
(かかと)を壁に押し当てて下さい。

その状態をキープし、
腰、肩、後頭部が壁に接するまで、
身体を後ろに反り返して下さい。

この状態が、あなたの理想的な立ち姿です。

筋肉に記憶してもらうなら、
この形を憶えてもらいましょう。

もちろん、表情筋には、
笑顔を記憶してもらうべきです。

これなら、運動嫌いの人にもできるでしょう。

ちなみに、

自律神経のバランスを崩すと、
同じ姿勢をキープすることさえできなくなります。

自律神経の乱れは、
薬物療法の副作用(=薬害)以外にも、

姿勢の悪さ、特に腰椎を痛めることから
始まる場合が殆どです。

薬の常用を止め、
良い姿勢をキープし、

美しいプロポーションと
笑顔の似合う表情を手に入れ、

楽しい未来を、
自ら設計されては、いかがでしょうか。

ちなみに猫の背中と、
人間の猫背は全く無関係です。

四足歩行の彼らにとっては、
あの独特な背中のラインは健康の証です。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう

関連記事

  1. 感染症と自律神経

    感染症と自律神経

  2. 愛と健康

    愛と健康

  3. 脊椎と姿勢

    脊椎と姿勢

  4. あなたの背後にある赤いもの

    偉大なる味方

  5. 少食と健康

    少食と健康

PAGE TOP