自由

自由

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

さて、

「自分」という存在ですが、
間違い無く、自分の制御下にあるはずです。

他ならぬ「自分」なのですから。

ですが神様は、
わざとそれを自覚し難くいように、
僕たちを創造されました。

占星術の世界では、
未知の自分である12ハウスと、
自分そのものを意味する1ハウスの境界線に、

素の自分とも言えるアセンダントがあって、

特に古典の世界では、
そんな自分と上手に付き合うことが、
人生を成功へと誘う三つの力の一つになります。

ですから「自分」の真実を知ることができれば、
現世は成功したも同然かもしれません。

そのための近道が、
自分自身を受け容れることであり、
身を任せることなのですが、

それは決して「諦める」という意味ではありません。

こうした誤解が真実の理解を、
塞いでしまっているように僕は感じます。

「諦め」という言葉のニュアンスには、

自分自身への抵抗が
「存在」している
ことにお気付きでしょうか。

それは、少なからず「存在する」などという、
可愛いらしいレベルではなく、

ものすごく巨大な「抵抗」です。

あまりに大き過ぎるため、あなたの中の民主主義が、
勝手な結論を導き出しているのです。

その原因は考え過ぎにあって、
柔軟性や客観性に欠けた決め付けにあります。

多くの偉人が、瞑想を通じて悟って来たという事実は、
単なる偶然でしょうか。

悟りを得るためには、

ものの見方や考え方から、
自由になる必要があるからに他なりません。

五感を塞ぎ、思考を止めることによってしか、

日々、間違った解釈の中で生きる自分の方向性を
修正することはできないと、

先達は僕たちに教えてくれているのです。

自分への「抵抗」を手放し、
世間体という「不要な律法」と決別し、

ナチュラルで、健康で、
幸せな人生を楽しみましょう。

「誰か」のために生きる必要は、
全くありません。

「誰か」を幸せにできるのは、
心底幸せな波動を放つあなただけなのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 偽薬というプロセス

    プラセボ

  2. テロメア/寿命の回数券

    テロメア

  3. リラックスと記憶

    リラックスと記憶

  4. 感情と意識

    感情と意識

  5. 光の貯金

    宇宙銀行と光の貯金

  6. 情報の海

    情報の海

PAGE TOP