リラックスと記憶

リラックスと記憶

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

アンナ・モーガンは、
1997年に102歳で亡くなりましたが、

彼女は医学史上で、
最も詳しく調べられた長寿者でした。

科学者が最も関心を寄せたのは、
脳の機能試験における彼女の成績でした。

注意力の維持に関するテストで、
当時101歳だったアンナは、

ほんの一瞬、見せられた7桁の数字を、
たやすく声に出して伝えることができ、

5桁の数字を見せて、
それを反対から再現するよう求められても、

苦も無くやってみせました。

同様に、単語のスペルを、
逆に綴ることも朝飯前でした。

また、見たモノを意味付けする、
視覚的位置の弁別能力テストでは、

複雑な絵でさえも、うまく描いてみせ、

彼女よりも40歳若く、
認知機能に問題の無い人と、
同じ成績を叩き出しました。

これだけでも、充分過ぎる成績なのですが、

彼女のその認知能力は、
試験を実施する側を圧倒したのです。

その試験とは、彼女の記憶力と、
新たな学習能力を評価するために、

彼らはアンナに風変りな物語を聴かせ、
その後で、それを再現させるセッションを試みたのです。

セッションは、ビデオに記録され、
アンナが、その物語を完璧に再現した様子が残っています。

実験チームに参加した、ある神経生理学者は、
その様子を、以下のように語りました。

 アンナは、まったく躊躇うことなく、
 そして殆ど間違えずに、
 数分前に聴いた物語を、
 細部まで再現してみせた。

 自分は100回聴かされても、
 これほどまで詳しく再現できないけれど、

 それを彼女は、
 たった一回聴いただけで、
 覚えてしまったんだ。

 最も難しいレベルのこの認知テストを、
 それを実施する者より、
 彼女は良い成績を残した。

 彼女の人生に対する情熱と姿勢は、
 高校2年生のレベルだね。

彼女の人生は、貢献と目的、
そして意義に満ちていたと言います。

歳をとっても、他人との関わりを持ち続け、
精神的な刺激を受け続けている人は、

その認知機能を、最後の最後まで、
機能させるコトを、アンナは証明した
のです。

使わなければ失う…という言葉は、

筋力と同じように、
脳の能力にも、あてはまるようです。

使わない頭は、動かさない足と同じで、
力を失って行くのですから、

頭の健康を保つカギは、
目標を持ち、楽しみを持ち、

この世界で自分のすべきことが、
あると知っていること
なのでしょうね。

ちなみに、記憶という分野に関しては、
リラックスした状態、

すなわち、副交感神経の優位な状態の方が、
物事を立体的に捉え(右脳記憶)つつ、
思考記憶に繋げられる(左脳記憶)ため、

何歳になっても衰えることはありません。

自分にとって丁度良い連想が、
無理なく実現できる
からです。

あなた自身で、
それを証明してみてくださいね。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう

関連記事

  1. 感染症と自律神経

    感染症と自律神経

  2. 自由

    自由

  3. あなたの背後にある赤いもの

    偉大なる味方

  4. 妖精に会いたい

    妖精に会いたい

  5. 少食と健康

    少食と健康

PAGE TOP