塩浴のすすめ/飽和濃度の塩水と人体との相性のよさは自然界の折り紙つき/肌は排泄器官である

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

高価なステロイド剤より優れた飽和塩水


ここ沖縄では、
肌の調子の優れない子供を、
海水で洗う古くからの習慣があります。

僕の幼少期から続いた皮膚の弱さは深刻で、
皮膚科医からはステロイド剤を処方され、
何も知らずに使い続けていました。

ナチュラルケアに関する学びを深めるなかで、
そうした対処療法に疑問を持ち、

一念発起して僕が塩浴をはじめたのは、
今から7年前のことです。

入浴時の石鹸やシャンプーの代わりに自然塩を使い、
ついでに歯みがきにも同じ塩を使っています。

愛用している塩はこちら。

入浴の際には、
この塩を20グラムほど樹脂製の小皿に入れ、
少量の水を注いで溶かして使います。

樹脂製を選んでいるのは、
浴室で落としても割れないというだけで、
深い意味はありません。

飽和塩水の状態が理想的ですので、
塩のザラザラ感が残る程度の塩水にします。

その塩水をてのひらにとり、
身体をさするように優しくなで洗いします。

もちろん顔や髪も同じ要領です。

全身のなで洗いを終えたら、
お湯で洗い流します。

このとき僕の場合は、
電子ブックでもお伝えした水シャワーも兼ねますので、
体温より少し低い温度(33~34度の温水)で浴び、

この後、数段階に分けて常温の水まで水温を下げ、
シャワーを浴びます。

最後に常温の水を浴びることで、
古い皮脂や老廃物の排泄しきった肌を引き締め、

新しく分泌された皮脂を冷水で冷やし固め、
皮膚に定着させる効果があるのです。

この新しく綺麗な皮脂の定着によって、
滑らかな肌の状態が一日中続きます。

還暦過ぎとは思えない滑らかさです(笑)

塩浴生活への背中をおしてくれた大切な本


当時、参考にした本はこちらです。
リンク先は電子書籍ですが、
単行本も入手できるようです。

著者の松本和子氏は、

あの有名な「伯方の塩」の創業者の一人である、
松本永光氏の娘さんです。

北海道の医師、湯浅寛氏から永光氏が教えを受け、
研究と実践を重ねていたものがこの塩浴でした。

肌の弱かった和子さんに生前の永光さんは、
ことあるごとに塩浴を勧めたそうですが、

シャンプーも石鹸も使わずに、
塩だけで顔や身体を洗うなんてありえないと、
ずっと拒否していたそうです。

体臭を気にする女性ですから、
気持ちはわかりますね。

ですが、

あまりにも酷い自分の肌症状に悩み抜き、
(わら)にもすがる思いでこの塩浴をはじめたところ、

素晴らしい結果を得ることができたのだとか。

ご紹介した書籍は、
全体を通じて一読の価値ある素晴らしい内容ですが、
「肌は排泄器官である」という一文を読んだとき、

過去半世紀にわたる、
自身の肌トラブルの問題の原因が、
すべてわかった気がしました。

肌は汗や皮脂などを排泄する器官であって、
吸収する器官ではないのです。

口から入った食べ物が、
胃で消化され腸で吸収され、

血液となって身体の末端まで運ばれ、
細胞やエネルギーになります。

そして役目を済ませたそれらは、
今度は老廃物となって、
尿、便、息、汗の4つのルートから排泄されるのであり、

身体全体を覆う肌は、
その排泄器官であることは、
ある意味あたりまえなのに、

そこを石油系クリームや乳液でコーティングしてしまったら、
それらの老廃物は行き場を失い、
毒素として定着してしまうことは明らかです。

ちなみに、

尿や汗として出せない毒素は、
髪の毛に貯まりますので、

これまでの食生活や化粧などに問題がある場合、

塩浴をはじめたばかりの頃は、
大量の毒素が髪から出るかもしれませんが、

そうしたプロセスを経験することも、
無駄にはならないはずです。

あれから7年が経過し、
塩との生活は完全に僕に定着しました。

ちなみに、

入浴後には精製水と植物性グリセリン、
そしてクエン酸でつくった、
オリジナル化粧水を使い、

最後に少量のシアバターで保湿しています。

費用もほとんどかからない、
最高のボディケアではないでしょうか。

オリジナル化粧水レシピ

精製水 …90㏄
植物性グリセリン …9㏄
粉末クエン酸 …0.5グラム ※ひとつまみ


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和セラピーひかりあめ代表。自律神経専門セラピスト。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然由来の代替セラピーを極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な7つの代替ナチュラルセラピーを統合させた独自の調和セラピーを提供する。※もっと詳しく

この記事の書き手

関連記事

  1. アレルギー体質を克服する/ある種の超能力にポジティブなフィル…

  2. 排毒力

    排毒力/ほどよい免疫力と充分な排毒力が心身の恒常性を保つ秘訣…

  3. 呼吸の神秘

    呼吸の神秘/それは宇宙と繋がる最高のツール/意識下で可能な唯…

  4. 神様のデザイン/生命のあらゆる部位のそのかたちとはたらきは偶…

  5. 愛と健康

    愛と健康/社会との質の高い繋がりのもたらすもの/心身の真の調…

  6. ビタミンB3と灼熱の釜/ミトコンドリアを目覚めさせるエネルギ…

自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら
自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら