アストラル・トラベル

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

昨年の大震災から一年を迎えた今年の3月から、

毎週金曜日の夕方、
首相官邸前で、大飯原発の再稼動撤回を求める
抗議デモが行われています。

この3週間は、特に大規模な集会に成長しました。

プロパガンダ発信元の代表格であるマスコミは、
そこに集まる民意を無視し続けて来ましたので、
多くの日本国民は、この事実を知らないかもしれません。

先々週は12000人、先週は45000人、
そして今週は、10万とも20万とも言われる、
計測不可能な数にまで膨れ上がった人々が、

抗議の声をあげるため、
全国から首相官邸前に集まったのです。

いつの時代もそうですが、
現政権は、特に不甲斐なく、

国民の命より、一部の特権階級の懐を守るため、

福島第一原発より、
圧倒的に条件の悪い大飯を安全と認め、

再稼動をさせようとする姿勢に、
心ある大衆は、怒りの声を上げたのです。

まさに、水瓶座の時代を象徴する出来事です。

さて、ここで、
沖縄に住む僕のように、

参加したくても、遠過ぎて辿り着けない人々に、
僕は提案いたします。

一緒に、アストラル・トラベルのスキルを手に入れましょう。

聞き慣れない言葉ですが、
それは、幽体離脱のコトです。

僕はこの、幽体離脱という単語が、
オカルトチックで、好きになれないので、
あえて、アストラル・トラベルと呼びます。

魂の存在になれば、時空の制限はありませんから、
どこに暮らす人であろうと、
肉体の制限を越えた活動が可能になります。

リモート・ビューイング(遠隔透視)という
擬似技術も実際に存在し、
練習を積めば、自由にできるようになるそうです。

そこで僕は、色々と調べてみたのですが、
過去に何度か、既に経験しているコトが判明しました。

暗い部屋の中で、眠るために目を瞑っているのに、
部屋の様子が、はっきり見えたことはありませんか?

夢の中で、これが夢だと解って、
その世界を楽しんだコトはありませんか?

同じく夢の中で、
空を飛ぼうとした自分の足の下に、
大きな光の玉ができたことはありませんか?

僕は、あります。

一つ目は、最近も何度かありました。

二つ目と、三つ目は、
特に子供の頃、よく体験しました。

友達は、夢の中で空を飛ぼうとすると、
いつも低空飛行で何かに引っ掛かり、
うまく飛べないとボヤいていましたが、

僕は違いました。

夢の中で、空を飛ぶ練習をし続けた結果、
飛びたいと思うと、足の下に光の玉が生まれ、

自由な高度まで、空高く飛ぶことができたのです。

アストラル・トラベルと、
単なる夢との大きな違いが、一つあるそうです。

それは、アストラル・トラベルでは、
意識がしっかりしているというコトです。

単なる夢では、見ている情景に対して、
自分は受身の状態になっています。

しかし、アストラル・トラベルにおいては、
自分の意志を発揮するコトができ、

さらには、時空の制限を超越しているため、
それが実現するのです。

この事実を知り、僕は嬉しくなりました。
そして、このスキルを研きたいと、
本気で思うようになりました。

アストラル・トラベルが、自由に出来るようになれば、
世界の波動を高めるための活動にも
益々拍車がかかるでしょうし、

そればかりか、
ドンドン実現できるようにも、なるはずです。

進展があれば、
このブログでお伝えしますね。

是非あなたも、
一緒に取り組みましょう。