心を配る

心を配る

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

心を配ると書いて「心配」と読みます。

「配慮」という単語も
周囲への心遣いを意味しています。

心を配ることも、周囲を配慮することも、

この社会における大切な作法のように、
僕たちは教えられていますが、

本当にそうなのでしょうか。

多くの人々は、
そうした心配りをきっかけに、

不安を握り締めているように、
僕には見受けられます。

特に、家族やパートナーとの間柄で、
それが顕著な気さえします。

自分をないがしろにしながら、
他人の世話をしようとしているため、

善意の配慮のつもりが、
不安を引き寄せているのではないでしょうか。

他人の心配をする前に、
真っ先にせねばならないことが自分の世話です。

朝、気持ちよく起床できない自分が、
誰かを寝床から叩き起こしたり、

自分の偏食を棚に上げて、
野菜嫌いの家族を叱ったり、

小さい頃、自分自身が勉強嫌いだったのに、
子供に勉強を強いて、
試験の結果が良くなるようにと、
その表情に青筋を立てたり。

こうしたものは、

心遣いでも、配慮でもない、
単なるおせっかいであり、干渉です。

神様も、隣人を愛せとおっしゃいましたが、
心配せよとは、おっしゃっていません(笑)

まずは、自分づくりからです。

あなたの魂の乗物として、
あなたの身体は、

相応しい状態になっているでしょうか。

自分自身が輝く存在になれば、
周囲の人々は、
あなたに倣わざるを得なくなります。

そうです。

僕たちひとりひとりは、
身近な「成功者」の一例となる必要があるのです。

ここでいう「成功者」とは、
お金持ちを意味しているのではなく、

お金では買えない、
「本物の健康」を手にした人です。

そしてまた、そんな「本物の健康」でさえ、
病気にならないことでもなければ、

事故に遭わないことでも、
不安に襲われないことでもありません。

そうした問題に出くわしても、

試練を学びに変え、
その壁を乗り越えられた人こそが、
「本物の健康」を手にした人なのです。

つまり「健康」とは、心身の状態ではなく、
今この瞬間の在り方なのです。

最良の「今」を楽しむための
自分づくりにこそ、手間暇をかけましょう。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 靴下と自律神経

    靴下と自律神経

  2. 摂り過ぎたタンパク質の行方/前編

    骨粗鬆症とタンパク質

  3. 少食と健康

    少食と健康

  4. 母乳とタンパク質

    母乳とタンパク質

  5. 排毒力

    排毒力

  6. 黒猫

    記憶する筋肉

PAGE TOP