印象からつくる自分

印象からつくる自分

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

「仮病」をご存知かと思います。

読んで字のごとく、仮病は病気ではありませんが、
仮病を演じているうちに、本当に病気になる人がいます。

それも、かなりの確立で発症します。

つまり、その気になってしまえば、
身も心も順応して、そのとおりになってしまうのです。

同じ様に、

ことあるたびに「自信がない」とか、
「できっこない」と連呼していると、
本当に自信を喪失します。

まさか、そんな重大なことになるとは知らず、
自己暗示をし続けたり、
ネガティブなつぶやきを習慣化していると、

結果としてそれに相応しい
自分をつくり上げてしまうのです。

このように、こうした言動によるリスクは計り知れませんが、

残念ながら、
そこに気付いている人はそう多くありません。

ですから、人間の持って生まれた
これらの法則ともいえる生命反応を、

同じことなら上手く方向づけし、
健全な生き方をつくり出すべきではないでしょうか。

ぜひ今日から、
ポジティブな自己暗示を日常化しましょう。

スーパースターと呼ばれる人々は、
例外なく自分が大好きですが、

それこそポジティブな自己暗示の賜物です。

彼らは自分の欠点すらチャームポイントと呼び、
賞賛することができます。

見習うべき生活習慣です。

ですから僕たちも日常的に、
自ら良い印象づくりを心がけましょう。

そんなシンプルな第一歩は、明るい服を着ることです。

自分のコンディションが服装に反映してしまうのは、
一種の共鳴現象といえます。

自分にしっくりくる衣服を選ぶため、
体調がどんよりしていれば、曇った服装を選びがちになるわけです。

もちろん、その状態で鏡に映った自分をみれば、
見事なまでに似合っていることでしょう。

しかし、これではいけません。
負の状態の自分が共鳴して増幅するからです。

明るい服を着ることが無理そうなら、
明るいアクセサリーを身につけてみてはどうでしょう。

たったそれだけのことでも、
鏡に映った自分にハッ!とするはずです。

そんなとき、少々ぎこちなくても、
その鏡に向かって微笑みかけましょう。

明るい笑顔ができればできるほど、
アクセサリーの華やかさが、
自分に溶け込むことを体感できるでしょう。

そして、こうあるべきなんだなぁと、
腑に落ちるはずです。

この感覚のフィードバックを通じて、
僕たちは学びます。

いいかえるなら、

この地球の三次元空間には、
体感を通じてしか学べない時空の法則があるため、

自分の願望実現に相応しい印象をつくることは
成功体質への近道なのです。

成りたい自分を知っているのも自分なら、
そう導けるのも自分だけなのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 愛と健康

    愛と健康

  2. 呼吸の神秘

    呼吸の神秘

  3. 感情という幻

    感情という幻

  4. 排毒力

    排毒力

  5. 少食と健康

    少食と健康

  6. 火傷と頭痛

    火傷と頭痛

PAGE TOP