感情という幻

感情という幻

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

パニック障害に苦しんだ17年前、
僕には、ある気付きがありました。

まだ、フラワーレメディに出会う前でしたし、
波動の世界やスピリチュアリティについて、

特に学んでいなかった当時でしたが、

自分は、身体が震えるほど、
怖い想いをしているのに、

どうして世間の人々は、
平気なのだろうという疑問が、

僕にその気付きを届けたのです。

それは、怖がっているのは、
広い世界の中で「僕だけ」だ!という事実でした。

誰にも、見えず、聞こえず、感じないのに、
自分にだけ見え、聞こえ、感じることを、

幻、幻聴、幻覚といいますよね。

ですから、不安も、恐怖も、苛立ちも、ありとあらゆる感情は、
自分で作り出し、自分で演出している幻、といっても過言ではないのです。

そして、それが、何回目の発作のときだったか、
詳しく覚えていませんが、

苦しめば、苦しむだけ、
症状が長引くことに気付いた僕は、

発作が起こっても、
そしてそれが、例え苦しくても、

自分自身が動じないように、
感情を無視し、考えることを止めてみたのです。

これによって、

週に数回あった発作も、
短時間で落ち着くようになりました。

その後、フラワーレメディに出会い、

発作を起こすキッカケを、
徐々に消し去ることに成功し、

ついに、パニック障害を克服することができました。

この療法は、何かをきっかけに癖になっている、
思い込みを和らげたり、

環境に対して、
敏感過ぎる部分を解したりします。

例えばアスペンは、

他の植物が反応しないような、
微細な風にも揺れる葉を持ちます。

そうした繊細さを備えながらも、
彼らは自然と調和して生きているのです。

当時の僕のように、
アスペンの象徴する心的傾向のある人々は、

反応した自分の抑制が効かなくなり、
自分で自分の調和を乱してしまいがちですが、

アスペンを服用することによって、
そうした部分を単なる特徴と捉え、

自然な平静さを呼び覚ますのでしょう。

生身の人間として、不安定な部分も携えながら、
感情が幻であるという事実を知り、

フラワーレメディの持つ、
生態性の調和も理解できれば、

人生で遭遇する多種多様な問題を、
成長へのチャンスとして、楽しめるのかもしれませんね。

その後、17年を迎えますが、
一度も発作は起こっていません。

当時怖がっていた、
発作が起きる前兆のような感覚も、

もうすっかり忘れました。

人間とは、忘れられる動物で良かったです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. フラワーレメディの深いお話し③

    フラワーレメディの深いお話し③

  2. フラワーレメディの深いお話し②

    フラワーレメディの深いお話し②

  3. フラワーレメディの深いお話し①

    フラワーレメディの深いお話し①

  4. 母乳とタンパク質

    母乳とタンパク質

  5. リンパを知る①

    リンパを知る①

  6. 注射嫌い

    注射嫌い

PAGE TOP