一万年前からの適応力

一万年前からの適応力

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

さて、

僕たちは、便利で清潔で、
そして、快適な文化を手に入れていますが、

1996年、世界中の有志の医学者、遺伝学者、
そして生態学者が集まり、

研究や論議を重ねた結果、
面白い事実が判ったそうです。

それは、

僕たちの身体を構成する60兆個の細胞の特性は、
一万年前から変わっていないということでした。

途方も無い過去のような気もしますが、

地球上に生命の誕生したといわれる、
38億年前からの膨大な時間軸と比較すれば、

ほんの一瞬ともいえる時間です。

つまり、こんなに短期間では、
生命細胞に変化を起こすことは不可能だったのです。

身体のバランスや顔の形は変わっても、
細胞レベルは一万年前のまま。

そして、ここからが重要なのですが、

ということは、僕たちの細胞一つ一つは、
一万年前の環境を「快適」としたのかもしれないということ。

大自然と一体となって暮らしていた当時の環境が、
最も僕たちの細胞を、
生き生きとさせるのではないでしょうか。

それはおそらく、原野を裸同然の姿で、
走り回っていた頃のことであり、

多種多様な生命と共存する環境で、
つまり、現代文化とは全く異質な、

便利とは無縁で、清潔とは程遠い環境を、
当時の僕たちは快適としていたのかもしれないのです。

しかし人類は、たった一万年の間に、
原野を文明社会に変えてしまいました。

身の周りにいる、
目には見えない小さな生命を悪者扱いし、
排除することに躍起になったのです。

一万年前には、全ての脊椎動物の腸には、
回虫もギョウチュウもいたでしょう。

人類や、人と暮らすペットたちは、
それらを追い出してしまいました。

抗菌除菌スプレーを愛用し、
皮膚の健康を守る常住菌を全滅させ、

アレルギー反応から身体を守り、
免疫力を向上させる腸内細菌たちも、

塩素を含む殺菌作用の高い水道水や、
抗菌作用のある保存料や添加物たっぷりの食品で、

彼らを壊滅状態にしてしまったのです。

こうして僕たちは、
身の周りを生物との共生関係を、
一方的に遮断してしまいました。

その結果、現代の生活は、

僕たちの気付かないところで、
細胞たちにストレスを与え、
免疫機能を誤動作させるようになったのです。

アレルギー症状を訴える日本人は、
二人に一人という甚大の数に登っており、

かつては、耳にしたことも無かった、
自己免疫疾患も当たり前のように存在しています。

ひかりあめでは、アトピーの治療も行いますが、
病院とは全く違う方法で、

つまり、外用薬を一切使わず快癒させるのですが、
出来ることなら、発症しないに越したことはありません。

早過ぎる離乳食や、綺麗過ぎる生活環境が、
アトピーを助長させているという事実を、

ぜひ、知っていただきたいです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. リラックスと記憶

    リラックスと記憶

  2. 黒猫

    記憶する筋肉

  3. 思考と健康

    思考と健康

  4. 思考ゲームを楽しむ

    思考ゲームを楽しむ

  5. 親と子

    親と子

  6. 感染症と自律神経

    感染症と自律神経

PAGE TOP