親と子

親と子

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

レイチェル・ナオミ・リーメン医師の遺した、
素晴らしい記録があります。

彼女は若い頃、若年性糖尿病を患う、
六人のティーン・エイジャの経過を見守る立場でした。

彼らは、子供でありながらも、

自分で責任を持って食事療法を守り、
インスリン注射も打っていました。

ところが、不安定な青年期に入ると、

彼らは一応に、自分が友達と違うことに
耐えられなくなり、

糖尿病が重い足枷(あしかせ)となったのです。

子供たちは、注射を打つことを拒否し、
友人たちと同じものを食べ、

昏睡状態になったり、ショック状態を起こして、
度々、救急救命室に運ばれるようになりました。

子供たちにとっては、
恐ろしく、苛立たしく、危険なことであり、

彼らの両親や小児科スタッフにとっても、
消耗させられる事態となってしまったのです。

親子の「距離」に不調和を感じたリーメン医師は、
その六組の親子を故意に切り離し、

三人の子供に、別の三人の親を組み合わせた、
二つのグループを作って、

各グループごとに、
週一回のミーティングを行わせてみたところ、

この話し合いは大きな成果を挙げたのです。

実の親には話せなかった子供が、
自分の望むことを、はっきりと他の親に説明し、

実の子供の言葉を聴いてやれなかった親は、
よその子供の言葉を、しっかりと聴くことができました。

そして、実の親のいうことに耳を貸さなかった子供も、

別の子供の親のいうことには、
素直に耳を傾けられたのです。

はじめて、自分の気持ちを、
判ってもらえたと感じたことで、

親も子供も、安心して泣くことができました。

こうして、他の人が自分を大切に思い、
慰めとなっていることに、彼らは気付いたのです。

年齢に関係無く、親も子供も、
進んで互いを思いやり、

支えになりたいといい出し、行動に変化が現れました。

その結果、実の親子が、
新しい遣り方で互いに話しをし、

相手の話しを聴き始めたのです。

そしてもちろん、子供たちが救急救命室に運ばれることは、
その後、全くなくなりました。

親と子の問題であったからこそ、
親と子の関係性が解決の鍵となった好例ですが、

それ以上に、主観との距離感について、
このケースは大切なことを教えてくれています。

糖尿病に苦しむわが子に対して、
その親御さんが主観を手放すことは困難です。

同時に主観は視野を狭くし、
自分の納得のいかない情報に対して、
耳を塞ぐ傾向さえあります。

よその子供だったからこそ、
別の子供の親は、

丁度よい主観との距離感を、
つかむことができたのではないでしょうか。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 人生は挑戦の連続

    観念

  2. ふたつの共鳴

    ふたつの共鳴

  3. 思考と健康

    思考と健康

  4. 運を動かす

    運を動かす

  5. 少食と健康

    少食と健康

  6. 一万年前からの適応力

    一万年前からの適応力

PAGE TOP