感情と意識

感情と意識

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

二十年以上前のお話しです。

諸井清二さんというお名前に、
聞き覚えはないでしょうか。

それは、1994年、
環太平洋ヨットレースへの参加のため、

ロサンゼルスへの単独航行中に、
彼は消息を絶ってしまいました。

家族にも、親戚にも、
その発見は絶望視されましたが、

消息を絶った三ヵ月後に、
通り掛かった韓国の貨物船に、
彼は救助されたのです。

この時の体験は後に出版され、
「九十二日目の天国」という本で、
その全容を知ることができます。

彼が消息を絶って、三ヵ月を迎えた頃、

彼の奥様から親戚面々に向けて、
一本の電話が入りました。

 あのね、主人は生きてるの。
 六月七日に、帰って来るの。

親戚一同は、彼女が心配のあまり、
可笑しくなってしまったのだと思いました。

しかし、後で判ったことですが、
彼女が電話をしたその前日、
清二氏は韓国の貨物船に発見されていました。

そして一か月後、
夫婦は韓国で再会したのです。

明らかに奥様は、未来に起こることを、
何らかの形で観たのです。

その後、報道番組のインタビューで、
奥様は、こんなコメントをされています。

 私たちは、普通の夫婦であって、
 何の特別な力もありません。

 ただ、起こったことは、
 誰が何といおうと事実です。

 私が居間に向かうと(夢の中で)、
 主人がそこに座っていました。

 私は驚いて、
 どうしたの?って尋ねたら、

 俺は元気だ、
 心配するな。六月七日に帰る

 そう主人がいったのをいて目を覚ましたんです。

 夢の中の内容が、
 あまりにも鮮明だったので、

 絶対彼は生きていて、
 無事に帰って来ると確信し、

 だから喜び勇んで、
 親戚中に電話したんです。

この不思議なできごとに触発されたテレビ局は、
ある公開実験を行うことにしました。

ご夫婦を、それぞれ別の部屋に隔離し、
それぞれ、リクライニングシートに横になってもらい、

お二人とも、心の変化をグラフ化できる装置を、
指先や頭部に装着しての実験でした。

ご主人が、彼の部屋で風景映像を鑑賞していると、
突然それは、びっくりするような映像に切り替わります。

その時に、別の部屋にいる奥様のセンサーは、
どんな反応をするのかという実験でした。

ですが、この実験では、
お二人の反応は予想外に低かったのです。

人類という種が、言葉を遣い始めたのは、
せいぜい数千年前のことであり、

それ以前のコミュニケーションは、
「感情」と「意識」でした。

ちなみに、人間以外の脊椎動物は、
現代でもその手段を利用しています。

近くにいるものへは「感情」によって、
遠くにいるものへは「意識」によって、

必要な情報を伝達しているのです。

ですから「今」を生きる僕たちにも、
それができないはずはない!と考える方が自然です。

また、現代物理学が証明するように、

この手の非言語コミュニケーションでは、
送り手と受け手の波動周波数が同じとき、

その効率は最高値を叩き出します。

あなたは、どの周波数帯の仲間たちと、
有意義なコミュニケーションを図りたいでしょうか。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 偽薬というプロセス

    プラセボ

  2. 自由

    自由

  3. テロメア/寿命の回数券

    テロメア

  4. リラックスと記憶

    リラックスと記憶

  5. 奇蹟の手術

    奇蹟の手術

  6. 妖精に会いたい

    妖精に会いたい

PAGE TOP