除菌とアレルギー/生後一年をかけて腸内環境がかたちづくられ生涯の基礎免疫力が決定する

過剰な除菌とアレルギー

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

新型コロナの急激な感染拡大を受けて、
世間の除菌意識はピークに達しているでしょう。

今日の投稿は、そんな今だからこその、
警告でもあります。

戦後最大のアレルギー「花粉症」の登場とその背景


調べていて気付いたのですが、
日本で最初に花粉症患者が現れたのは、1963年のことで、

それ以降、年々増加の一途をたどっています。

また、機を同じくして激減したものがありました。
それは、結核や寄生虫の感染者です。

そして、まさに、
この時期に誕生したのが僕の世代です。

特に寄生虫に関しては、
1960年には10%に、
その5年後には5%を切ったという記録が残っています。

小学生時代、かなり頻繁に寄生虫検査をした記憶があり、
寄生反応のあった子供は、虫下しを飲まされました。

初期の虫下しは、不味(まず)いものでした。

そして、こんな時期に花粉症が現れ、
こうした感染症が減少するのと反比例する形で、

鼻炎、皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患が、
特に1960年代後半から増加しました。

自慢にはなりませんが、
僕も上記の全症状を持っていました。

これは、一般の家庭において、
過剰な清潔さを求める意識が広がりはじめた時期でもあり、

新聞や週刊誌を愛読していた僕の母親も、
消毒用アルコールや逆性石鹸希釈液を浸したコットンを持ち歩き、

家族の衛生管理に、
異常なまでに目を光らせていました。

つまり、僕たちのような菌に弱い世代は、
衛生的過ぎる環境によって生み出されたのです。

ですが当時は、そんなことに誰も気付かず、
僕が体調を崩すような気配があれば、

母親は、さらにムキになって、
家中を掃除して歩いていました。

最も苦しかったのは喘息の発作でした。

僕に「アレルギー性気管支喘息」という病名が付く以前は、
気道の弛緩用吸入スプレーもありませんでしたので、

しかも、夜になると発作が始まるため、

夜明けまで一睡もできずに苦しんだ、
生々しい記憶がたくさんあります。

今は、食習慣の改善と水シャワーで、
僕自身はこれらのアレルギー疾患を克服できていますが、

過剰な除菌は免疫性リスクを伴うということを、
僕たちはしっかりと知らねばなりません。

生まれたての赤ちゃんの腸内に悪玉菌は存在しない


ここ数年の遺伝子研究の進展によって、
一人の人間の腸内細胞の組成パターンは、
生後一年で決まることが判ったそうです。

つまり赤ちゃんは、
生後の一年間を費やし母親と接する中で、

母親の持つ菌を体内に取り込み、
腸内環境をつくりあげるのです。

いいかえるならこの一年が、その子の生涯に渡る免疫力を、
高めるかどうかを握る期間となるのです。

実際、お母さんの胎内は無菌状態ですので、
生まれたての赤ちゃんに悪玉菌は存在しません。

乳幼児の腸内にはビフィズス菌などの善玉菌が殆どで、
大腸菌などの悪玉菌は、ほんの少しです。

その後、赤ちゃんは自分の周りにいる菌や、
母親の皮膚にいる常住菌などと接触し、

最終的には、母親の腸内細菌パターンと似ることになります。

実際、赤ちゃんは、
見たものを何でも舐めたり、口に入れたりします。

初めて子育てをする母親は、気が気ではないので、
赤ちゃんの周りを中心に、家中をせっせと磨くわけですが、

その際に、市販の除菌グッズを多用する母親も多いでしょう。

ですが、この時期の赤ちゃんは、
ほどよく放っておくほうが、
その子の将来の健康のためになるようです。

ちなみに、アトピー性皮膚炎を罹患(りかん)した乳幼児の便を調べると、
その40%の赤ちゃんの便に大腸菌が一匹もいなかった
そうです。

生活環境の過剰な除菌は、
こんな結果を生むこともあるんですね。

また、この時期を過ぎてからは、

毎日の生活習慣によって、
組成パターンの枠内で腸内細菌を増やすことが必要になりますが、

大人になってからも、手遅れではありませんので、
手や顔、身体を洗い過ぎないようにし、

腸内の善玉菌が優勢な状態を保ちつつ、
日和見菌を含む腸内細菌の総量を増やすことが、

健康維持には大切なようです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 人生は挑戦の連続

    観念/潜在意識に根付いたネガティブな思い込みを捨てる唯一の方…

  2. 相似的共鳴と機能的共鳴

    相似的共鳴と機能的共鳴/この時空を満たす様々な波動の何と共鳴…

  3. 運を動かす

    運を動かす/被験者二百万人の大規模な研究が明らかにした「運動…

  4. フラワーレメディの深いお話し①

    フラワーレメディの深いお話し①/現代に伝わる本療法活用手法の…

  5. リンパを知る①

    リンパを知る①/脊椎動物の三大体液の特徴を知って浮腫み知らず…

  6. 眠りの科学

    眠りの科学/その三次元的な研究と多次元的な仮説から考える眠り…

PAGE TOP