感染症と自律神経

感染症と自律神経

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う、
緊急事態宣言発令を受け、

ひかりあめとしてシェアすべき情報を、
こちらに投稿させて頂きます。

老若男女、ほぼ全ての人々がマスクを着用し、
感染症と向き合いながら日々を送っています。

本来なら使い捨てになるはずのマスクを、
多くの人が再利用して凌いでいます。

医療現場もパンクしており、
経済活動の低迷も半端ではありません。

今回のパンデミック以前も、
平成不況の続く中で暗中模索しながら、
人々は将来への不安も抱えていましたが、

感染抑止を名目として、
数多くの施設が自粛や閉鎖を余儀なくされた今、

目先の資金繰りの不安で、
頭がイッパイになっている人も多いはずです。

史上最悪のパンデミックは、
第一次世界大戦終結の頃に起こった、
スペイン風邪でした。

地球上の全人口の三分の一が罹患し、
病気による死者は、大戦の戦死者数を越えました。

当時(1918年)は、マスコミが機能していなかったため、
一般の人々は、現状を理解することに苦しみました。

さらに世界は大戦下にあったため、
兵隊たちは国を越えて戦地へ赴きましたから、
感染の拡大を助長させたでしょう。

つまり多くの人々が、大きな不安に包まれていたのです。
それは、強烈な過緊張状態であり、
交感神経の極端に優位な状態だったのです。

実際、交感神経が優位になると、
心身の問題は重症化することが知られており、

現在でも原因不明とされる、
当時のもう一つの流行病だった嗜眠性脳炎も、
人々の混乱した自律神経の不調和が引き寄せたものでした。

ですから今こそ、当時の失敗を学びに変え、
新型ウイルスと向き合うべきではないでしょうか。

マスクや手袋も、感染予防に役立つことは確かですが、
感染する生身の人間の基礎となる自律神経の状態を、
自らが理解してセルフケアすべきなのです。

ですが、そうは言っても、
マスコミから届く毎日のニュースは、
心配や不安を煽り立てる内容ばかりですから、

いくら過緊張を解すためとはいえ、
そうしたネガティビティを手放すなんて、
無理だと諦めてしまわれるかもしれません。

ここで、吉報です。
僕たちの身体は、興味深い裏ワザを有しているのです。

どんなに交感神経が優位な状態であっても、
あっという間に緊張のスイッチを切り、
副交感神経を優位にさせる機能を人体は持っています。

それは、仰向けに横になること。
眠る必要はありません。

大地に対して、限りなく水平に横になってください。
腕や脚は、楽な状態で広げます。
膝を折っても構いません。

その姿勢、つまり地球を背中に背負って、
宇宙に対して身体を開放した姿勢こそが重要です。

その状態になった人体は、副交感神経を優位にさせます。

さらに興味深いのは、その状態で呼吸をすると、
いつもなら意識してもできない腹式呼吸が、
簡単にできて(自動的に腹式呼吸になって)しまうのです。

副交感神経が優位になれば、呼吸も深くなります。

その状態で体内に取り込んだ酸素は、
交感神経が優位だった頃は酸欠状態だった血液を、
新鮮な酸素でイッパイにしてくれますから、

身体の問題部位に対する
優先的な自己治癒が起こりはじめます。

これこそが真の自然治癒の正体です。

仰向けに横になって、
過去の素敵な出来事を思い出したり、
ポジティブな未来を妄想をしてみたりすれば、

その効果は指数的に高くなることでしょう。

今回の非常事態宣言以降、
必要な物資が手に入らなくなったため、

それまでは気付かなかった小さな事や物を、
大事に、大切にしている自分に気付きました。

普通の毎日が、どれだけ貴重なことか、
今回のパンデミックが教えてくれているのでしょう。

とにもかくにも、

最高の未来を切り開くのは、
僕たち生身の人間なのですから、

パンデミックに、へこたれている場合ではありません。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。
ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

LINE@で繋がりましょう

関連記事

  1. あなたの背後にある赤いもの

    偉大なる味方

  2. 少食と健康

    少食と健康

  3. リラックスと記憶

    リラックスと記憶

  4. 黒猫

    記憶する筋肉

PAGE TOP