少食と健康/身体能力を維持し脳の退化を遅らせ実年齢を感じさせない心身を保つシンプルな生き方

少食と健康

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

低摂取カロリーでありながら栄養価を最大にする食生活


低カロリー食研究という分野があります。

少ない食事のもたらす恩恵を、
科学的に調べるものですが、

その第一人者である英国人のお二人、
リチャード・ワインドルッヒ博士と、
ラジンダー・ソール博士は、

1997年の「ニューイングランド医学ジャーナル」で、
沖縄の高齢者について記していました。

欧米水準から見て、はるかに低いカロリー摂取が、
長寿と健康の主要因であると、彼らは発表したのです。

これについては、
自治医科大学名誉教授の香川靖雄氏も同意見とし、

研究者たちが声をそろえた点は、

栄養価を最大にしながら、
摂取カロリーを減らすことが、

健康長寿に関しては、
タバコをやめることより重要だということでした。

また、老年学の世界的権威である、
アメリカのロイ・ウォルフォード博士は、

35年間に渡る彼の研究の中で、
350本の論文を発表しており、

その中では、こんな声明を述べています。

われわれのは老年学研究の中には、
確かな証拠が数多くある。

最適な栄養素を摂(と)る低カロリーの食事は、
寿命を最大まで延ばし、

年をとるとかかりやすい
病気になる確率と頻度を減らし、

実年齢より若いバイオマーカーを保ち、
性的能力や活力、運動能力を維持し、
脳の退化を遅らせるのだ。

96歳の武道家に一発もあてられなかった39歳のプロボクサー


この声明文と関連の深そうな、
僕の大好きなお話しがあります。

本部御殿手(もとぶうどぅんてぃ)という、
古武術が沖縄にあるのですが、

これを百歳で天寿を全うするまで教え、
しかも最後まで達人であった、上原清吉氏の話しです。

96歳だった彼は、その素晴らしい身体能力を、
2000年の元旦に証明して見せました。

対戦相手は、WBAフライ級チャンピオン、
39歳の渡嘉敷勝男でした。

試合が始まると、
上原より60歳若いボクサーは、

力強いパンチを年長の武道家に、
次々と繰り出すのですが、

そのパンチは、ただの一発もあたらないのです。

年老いた武道家は、
驚くべき柔軟性と敏捷(びんしょう)さを見せ、

若い対戦者のパンチを避け続けました。

器用に身体をひねったり、方向を変えたりし、
こんな状態が20分間以上続き、

プロボクサーの渡嘉敷は、
いらだちをつのらせると同時に、
さすがに疲れてしまったのです。

そして、ほんの一瞬、
渡嘉敷のガードが甘くなったとき、

年長者の素早い一撃が命中し、
試合は終わりました。

それは、その試合で上原の放った、
最初のパンチでした。

若い渡嘉敷は、
朦朧(もうろう)とした状態でリングを降りましが、

ダメージを受けた様子は、ありませんでした。

上原の古武術の流儀は、対決を避け、
他に選択肢のないときにだけ、

相手を傷付けることなく攻撃し、
戦いを終息させるものでした。

その試合のあと、上原の残したコメントも、
とてもユニークでした。

 何でもないことだよ。
 彼はまだ若過ぎた。

 わしに勝つほど、
 熟達していなかっただけさ。

彼のような人生の達人に、なりたいものですね。

ちなみに、調和療法の観点では、
食事の量が少ないことは重要ではありません。

相応しい食を、相応しい量、よく噛んで食べること、
そして、楽しく食べることが重要です。

(質と量)を食べるか、
そしてどう(食べ方や環境、メンタル)食べるかが、
本物の食養生です。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. フラワーレメディの深いお話し①

    フラワーレメディの深いお話し①/現代に伝わる本療法活用手法の…

  2. 感情という幻

    感情という幻/パニック障害を患ったからこその気づき/不安も恐…

  3. 過剰な除菌とアレルギー

    除菌とアレルギー/生後一年をかけて腸内環境がかたちづくられ生…

  4. 靴下と自律神経

    靴下と自律神経/腕と脚を区別した人類の過ちが自己肯定感を抑圧…

  5. リラックスと記憶

    リラックスと記憶/副交感神経優位な状態は右脳記憶と左脳記憶を…

  6. 免疫の再構築

    風邪を味方にする/新型コロナやインフルエンザとは異なる風邪の…

PAGE TOP