自信/比べるべきは他者ではなく昨日の自分/空を飛べぬことを悩む猫はいない

自信

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

空を飛べないことを悩む猫はおらず、
夜、目が見えないからと悩む鳥もいません。

当たり前のことでしょうか。

猫や鳥に関しては、こうして問題無く、
客観的に判断できるのに、

何故か人間は、
他人にできることが自分にできないと、

自信を失い、酷く落ち込んだりします。

そして、そもそも、
自信とは何なのでしょう。

本来すべての生命は個性的である


日本人と外国人は、
その違いは一目でわかるものです。

男性と女性も、
そして、大柄の人と小柄の人も、
その違いはすぐにわかります。

人間の心理傾向として、

一見して、明らかに自分と違う人とは、
自身を比較しようとはしませんが、

見かけが似ていれば似ているほど、
そして、存在が身近であればあるほど、

比較してしまうようです。

しかし実際は、全生命がすべて異なる存在です。

見かけが、どれだけ似ていても、
存在が、どれだけ身近でも、

せっかちな人もいれば、思慮深い人もいます。

社交的な人もいれば、孤独を愛する人もいます。

双子であっても、性格の異なるケースは多々あります。

外国人と自分を、そして、
動物や魚と自分を比べることのないように、

同じ存在はふたつとないのですから、
自分以外の存在と自分を比べる必要はありません。

比べるべきは他者ではなく、

昨日の自分と今日の自分、
今日の自分と明日の自分です。

分が自分であるという事実を受け容れ、
じて楽しむことこそが、

自信の礎であり、
僕たちの選ぶべき道です。

他人にできることを羨(うらや)むのは筋違いであり、
自分にしかできないことを尊重し、

積極的に成長させましょう。

昨日より、今日。
今日より、明日に向かって。

自信をもつ姿勢の根底にあるべき他者との関係性


そして、

自信をもつということは、
確かに自分を認め讃えるという意味を持ちますが、

自分だけを評価した生き方は、
最終的に自己崩壊します。

自分を認める生き方のその土台には、

自分以外の存在も、
認め讃えるという前提があることを、
忘れてはなりませんよね。

昨日のブログのテーマだった「支え合い」は、
別の角度からみると、

それは「認め合い」でもあるのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 妖精に会いたい

    妖精に会いたい/異次元異空間の存在が三次元時空にあらわれる条…

  2. 支え合いの法則

    支え合いの法則/しっかりと寄り添うけれど干渉は一切しない生き…

  3. 躊躇と実行

    躊躇と実行/人生の分岐点における小さな葛藤の瞬間とその未来の…

  4. 自分のための福月

    自分のための福月/現世に生まれたその日の月の記憶と共鳴する生…

  5. 多忙と夢中

    多忙と夢中/精神と肉体のバランスを教えるふたつの似て非なるモ…

  6. 葛藤のメカニズム

    葛藤のメカニズム/社会や集合意識に棲みついた偏見と決別するシ…

PAGE TOP