焼けた惑星/自身の意志と行動で出生の惑星波動を補う生き方のススメ

焼けた惑星

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

コンバスチョンというシチュエーション


古典占星術の世界では、
コンバスチョンという惑星のシチュエーションがあります。

出生のホロスコープにおいて、
太陽の前後8度に入った惑星を、
コンバスチョン(=焼けた)としてとらえ、
様々な鑑定を進めるのですが、

それは、太陽と近過ぎたあまりに、
惑星が焼かれ(コンバスト)

非常に力が弱まって、
厳しいディビリティ(衰弱)に陥った状態です。

惑星同士の重なるアスペクト(星位)と異なり、
互いのサイン(星座)が異なっても、コンバスチョンは成立します。

ちなみに、同じ惑星であっても、
土星周期の外の惑星(天王星、海王星、冥王星、カイロン)では、
この問題は起こりません。

ところで、惑星は焼かれると、どうなるのでしょう。

前述のとおり、

惑星の力は半分以下に弱まってしまいますから、
その惑星の良い面も、悪い面も、人生の中で自覚し難くなるばかりか、

その惑星に支配されているサインやハウスまでもが、
上手く機能しなくなってしまいます。

ですが、焼失したわけではありませんので、
その惑星の課題や周囲への影響は、
衰弱した状態で残り続けます。

リアルな惑星は焼かれていない


例えば、あなたの出生のホロスコープで、
水星が焼かれていたとしましょう。

独特の公転をする水星は、
太陽から遠ざかろうとしないため、
実際、コンバスチョンの起こる確率の高い惑星です。

すると、水星の支配する双子座と乙女座が、
存分に機能しなくなりますので、

その2つのサインが起点となるハウスも
存分に機能することができなくなり、

そればかりか、双子座と乙女座にある他の惑星も、
リーダーシップを期待していた水星の力が衰弱したため、

自身のディグニティ(惑星としての個の力)を、
発揮し難くなってしまうのです。

少々面倒な状態だということは、
ご理解いただけたと思うのですが、

ここで注意せねばならいことは、

実際の水星が焼かれてしまったのではなく、
あなたの生まれた瞬間の水星が、
その力を存分に発揮できなかっただけであり、

リアルな水星自体は、太陽系で機能し続けている点です。

つまり、出生のホロスコープの
焼けた水星は修復できませんが、

いいかえるなら、

あなたの生れながらの持ち味としての水星力は衰弱していますが、
自身の水星力を異なる形で補強し、

リアルな水星と共鳴させれば、
こうしたコンバスチョンの問題を克服する生き方を選べるのです。

生き方を補うという生き方


以下は、水星の古典解釈からの抜粋です。

水星 公転周期88日、逆行周期4ヵ月のうち、3週間逆行する。
水星は、あらゆるレベルにおける情報を処理することと関連し、コミュニケーション、論理、そして知的能力を支配する。外界を知覚し、判断し、その意味を理解するための能力でもある。さらに水星は、あらゆる物理的意味での繋がりも支配し、そこには旅や様々な形態の移動も含まれ、わたしたちがいかに他者と関係するかだけではなく、自分が自身とどのように関係するかも示す。

原文を一割以下にまで要約してみましたが、
水星に関するとらえかたの大枠は
判っていただけますでしょうか。

人生において、この一連の内容を発揮するための、
あなたの生れながらの水星力は、
焼かれたことで衰弱しているけれど、

半分以下になっているその力を、
あなたの意志と行動で補うことは可能です。

例えば、水星という性格上、
上記のとおり、学ぶ姿勢と必ず関連しますから、

学習時の集中力の欠如というかたちで、
問題が表れるかもしれません。

ですからそのために、自身の集中を欠きかねない要因を、
あなたの生活から、可能な限り排除すれば良いのです。

少食にシフトするのも一つの方法でしょう。
また、朝方の生活に切り替えることも有効です。

加えて、軽いウォーキングによる脊椎弛緩を取り入れれば、
自律神経がおのずと調和しますので、

学ぶために必要な集中力は、
自然なかたちで発揮されるはずです。

もちろん、そんな小細工はせず、
出生の惑星たちの波動をそのまま受け容れ、
淡々と生き続けることにも、きっと意味はあります。

ですが前述のように、足りない自身の持ち味を、
意志と行動によって補う工夫を重ね、

現世の人生を輝かせることの方が、
遥かに魅力あふれる生き方になるのではないでしょうか。

選ぶのは貴方です。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 古典ホロスコープ療法と自律神経

    古典ホロスコープ療法と自律神経/天空図に刻まれた現世の青写真…

  2. 自分のための福月

    自分のための福月/現世に生まれたその日の月の記憶と共鳴する生…

  3. 僕たちは子供だった

    僕たちは子供だった/充実した日々を送るためのヒントとは/過去…

PAGE TOP