まどろみワークのすすめ/潜在能力と直接繋がったタイミングを活かして人生の目標を全身で共有する

まどろみワークのすすめ

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

目覚めという貴重な瞬間


さて今日は、

朝、目覚めの微睡(まどろみ)のタイミングを活用した、
とても楽しいワークをご紹介します。

夜が明けて、目が覚めるという現象に、
あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか。

単純に考えれば、睡眠を終えて、
脳が活性化し、日々の生活を再開する、

そんなイメージでは、ないでしょうか。

確かに、その通りですが、

別のいいかたをするなら、
睡眠中にアストラル界の旅を楽しんでいた魂が、

自分の肉体に戻って、
三次元世界の日常に帰るとタイミングだともいえます。

そのため、

朝の起きて間もない、ぼ~とした瞬間は、
脳内では、アルファ波がでまくっており、

アストラル界から帰還した魂が、多次元の間を、
行ったり来たりしている、
貴重な瞬間でもあるのです。

夢と現実/目標と潜在能力


実際、こうした微睡(まどろみ)の時、

多くの人が、夢の中の出来事を、
現実のように感じる経験をしているはずです。

この、夢と現実の入り混じった、
いいかえるなら、アストラル界と三次元界の重なった瞬間、

自身の潜在能力に直接繋がっています。

ですから、この貴重なときに、

自分が心から望む、
心地良い目標をイメージしてみましょう。

自分の目指すゴールを、アルファ波の出ている脳に、
具体的、かつ鮮明に、しっかり伝えるのです。

すると、自分の潜在能力が、
自身の目指す「方向」を、手に入れることになり、

その方向に向かって、
エネルギーを放出できるようになります。

慣れないうちは、
こうした微睡を楽しむだけでも良いのですが、

ぜひ、このチャンスに、
宇宙に向かって、自分の目標を宣言してしまいましょう。

但し、このワークは、

アラーム時計に叩き起こされるような目覚め方をすると、
うまくいきません。

この貴重な瞬間を、活かすためには、

成長ホルモンをしっかり分泌させる意味でも、
午後10時前後には就寝して、

朝の気配で目覚める必要があります。

ぜひ、このまどろみワークを日常化して、
あなたの輝かしい目標を、
現実に引き寄せてくださいね。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 重要性と緊急性

    重要性と緊急性

  2. 情報の海

    情報の海

  3. 自信

    自信

  4. 自由

    自由

  5. 光の貯金

    宇宙銀行と光の貯金/輝く生き方は特別な空間に貯蓄され必要に応…

  6. 支え合いの法則

    支え合いの法則

PAGE TOP