僕たちは子供だった

僕たちは子供だった

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

今日の投稿は、子育てに奔走されている、
若いお父さん、お母さんへのメッセージです。

核家族化の進んだ現代では、
老夫婦が一緒に、
もしくは近くに暮らしながら、

孫を教育することは、ほとんどなくなりました。

いいかえるなら、
大人として未熟な若い両親が、

模索しながら子育てに励んでいる状態です。

これは、絵的には微笑ましいかもしれませんが、
たくさんの矛盾をはらみかねません。

第一の問題は、たった今言及したばかりですが、

子育てをしている当人たちが、
まだまだ成長過程だという点です。

実際、古典占星術の世界では、
出生の土星が黄道十二宮を一巡する
生後29.5年目を成人としていますが、

これは色々な意味で説得力のある数値です。

続く第二の問題は、
そうした子育て上の未知の領域を、

マスコミや学校、行政を通じて、
若い親たちは情報収集するしかないという点です。

そのせいで、昔だったなら、
単なる「元気な子」として扱われたはずの子供が、

集団教育に適さないという理由だけで、
病名を付けられてしまうことも、昨今では珍しくありません。

さらに第三の問題は、
家族の規模が小さいため、

その家庭で生まれた小さな障壁を、
大げさに捉えて、
越えられなくなってしまう点です。

家族一人の悩みが、
家庭の悩みになってしまいかねないのです。

問題は他にもありますが、

ネガティブな問題を列挙したい投稿ではありませんので、
このくらいにしておきましょう。

ここからは、
そんな問題を解決するためのヒントをご提供します。

少々大袈裟に聴こえるかもしれませんが、
こうした慢性的ともいえる問題を、

それは見事に解決するヒントです。

そのヒントは、僕たちの子供の頃の記憶にあります。

僕たちは例外なく、
子供時代を体験して大人になったんですよね。

子供の頃の自分を、思い出しましょう。

両親の悲しそうな顔や、
歯を食い縛って、何かに耐えている顔を見たとき、

あなたは幸せだったでしょうか。

嬉しそうな顔をしているけれど、
本当は泣きたいんだろうなと、

親の気持ちを察したこともありましたよね。

一方、心底楽しそうにしている両親を見たときは、
自分までハッピーな気持ちになったはずですし、

一緒に遊んだ想い出は、
かけがえのない宝物だったはずです。

それなのに、自分が親になった途端、
まるで、自分が子供だったことを忘れたかのように、
若い親たちは世間体に振り回され始めます。

おかしいと思いませんか。

自分が子供だった頃、
親にして欲しくなかったことを、

今の自分がしているという事実に気付けたのなら、
一刻も早く、その状態から抜け出しましょう。

「子供のために」を合言葉に、
趣味さえ捨てた余裕のない日々は、

結局、子供のためにはならないのです。

子供が進んでマネをしたくなるような、
魅力あふれる親でありたいものです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 自分のための福月

    自分のための福月

  2. 古典ホロスコープ療法と自律神経

    古典ホロスコープ療法と自律神経

PAGE TOP