躊躇と実行/人生の分岐点における小さな葛藤の瞬間とその未来の大きな違い

躊躇と実行

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

今日の投稿のタイトルは、
僕のお届けする『自芯の学び舎』で、
もっとも論じられるテーマです。

躊躇(ちゅうちょ)と実行は、間逆な関係にあって、
それは陰と陽ともいえるでしょう。

やらない理由を増やすだけの「躊躇」


因果とか、カルマとか、
その言葉づかいはどうであれ、

自身の人生で、やらねばならないことがあったとき、
人は必ず、躊躇と実行のどちらかを選びます。

それを躊躇してしまえば、課題は先延ばしされ、

いつまで経っても、
問題は解決しないどころか、

日を増すごとに、状況は複雑化しかねません。

そのため、放っておけばおくほど、
実行が困難になり、

ついには一生せずに、
人生を終える場合すらあるでしょう。

これは、悪い意味で、
自分の人生をコントロールしてしまうばかりか、

本来与えられているはずの自由度を、
自ら束縛する結果を生みかねません。

さらに意識は、
その課題に対して日を追うごとに敏感になり、

躊躇するための要因は、
その感性に比例して大きく育ってしまいます。

結果として、後をひくどころか、
次の転生にまで、その課題を持ち越すことにもなりますから、

決して良い気分を味わうことはできないでしょう。

結果はどうであれ経験値の増える「実行」


一方、実行すれば、
体験して、終らせてしまえます。

その結果は様々で、
辛かったり苦しかったすることの方が、
圧倒的に多いようです。

ですが、そのときどんなに辛いとか、
苦しいとか感じたとしても、

総じていえることは、あとになれば、
すべてよい思い出に変わってしまう
もののようです。

そして、体験し終えていますから、
次に同じ問題に直面しても、
一回目よりリスクを感じずに済んだり、

場合によっては、
幸福感さえ抱く場合もあるでしょう。

魂が成長しているため、
いいかえるなら、魂が鍛えられているため、

同じ問題であっても、
反応がポジティブになって、

ことと次第によっては、上達の域まで達し、
災い転じて福と成す場合もあるかもしれません。

躊躇と実行は、ここまで違うのです。

ちなみに、因果やカルマは有限の課題ですから、
その人生で味わわねばならない課題を終えてしまえば、

残りの人生は、やりたいことをやりたいだけ楽しめ、
なりたいものに思い通りに成れるための、

真の意味での自由な時間が、
出生の土星から与えられるはずです。

それが、3次元世界における、
魂と時空の調和というものだからです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和セラピーひかりあめ代表。自律神経専門セラピスト。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然由来の代替セラピーを極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な7つの代替ナチュラルセラピーを統合させた独自の調和セラピーを提供する。※もっと詳しく

この記事の書き手

関連記事

  1. 支え合いの法則

    支え合いの法則/しっかりと寄り添うけれど干渉は一切しない生き…

  2. 多忙と夢中

    多忙と夢中/精神と肉体のバランスを教えるふたつの似て非なるモ…

  3. コンフォート・ゾーンからの卒業

    コンフォート・ゾーンからの卒業【後編】/なりたい自分になるた…

  4. 表現の正体

    表現の正体/出生の水星力を磨く表現の場/それは潜在意識を経由…

  5. 病は気から/現代人の多くは身体からのメッセージの解釈を間違え…

  6. 独学の流儀

    独学の流儀/著作者の表情までつくりながら良書をひたすら音読し…

自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら
自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら