フラワーレメディの深いお話し②

フラワーレメディの深いお話し②

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

前回の投稿で、調合ボトルのことを、

ドース(服用)ボトル、あるいは
トリートメント(治療)ボトルと呼ぶと紹介しましたが、

フラワーレメディの
エッセンス摂取に関する2つ目の謎は、
この調合ボトルについてです。

昨今では、3週間分のエッセンスを、
調合ボトルに作成して利用する方法が主流です。

ひかりあめの標準調合ボトルは、
10年ほど前から6週間仕様となっていますが、

これは本療法の効果を、
現実的に感じていただくための、僕の臨床に準じた内容です。

この療法に関わる様々な団体が、
色々なサイズのボトルを用意していますが、

最も多い使われ方は、
30mlの遮光ガラス製スポイト付きボトルに、
3週間分のエッセンスをブレンドし、

一回4から6滴を、
一日4回以上摂取するように勧めています。

ひかりあめで使用する調合ボトルも、
遮光ガラス製ですが、

標準サイズとなる6週間仕様が20ml、
ワイドサイズの9週間仕様が30mlですので、

本療法に携わるものの一般的な例から比べると、
かなり小さなボトルだと判ります。

これは、亜熱帯の沖縄でも、
調合エッセンスの保存性を高めるための工夫であり、

こちらに関する詳細は、
拙著「本気で☆フラワーレメディ」に委ね、
今日の投稿では省略させていただきますが、

こうした、フラワーレメディの調合ボトルについて、
文献を探っていくと、面白い事実がわかります。

12種類のレメディの完成した1932年には、
今の形ではありませんでした。

引用する文献は、
彼が本療法の使用方法を伝えるために作った
最初の冊子「トゥエルブ・ヒーラーズ」です。

この本は、1932年秋に執筆され、
翌年の年明けに出版されました。

こうして作ったレメディ1滴を、
水の入った8オンスの薬剤瓶に入れるだけで、
瓶の水に薬効を持たせることができます。

この薬剤瓶(やくざいびん)から、
ティースプーンで必要なだけ服用して構いません。

オンスというサイズは、英国独特の単位で、

重さを表す場合なら2種類、
容量を表すオンスも2種類存在しますが、

エドワード・バッチの記述をみるかぎりでは、
重さの単位である常用オンスのようですから、

8オンスの薬剤瓶とは、
226.796g仕様となります。

比重1の水であれば、同量の容積ですので、
つまり、当時の調合ボトルは約227㏄入る容器であり、

近年、本療法において平均的に使用されるボトルと比べると、
実に7.5倍以上にも及ぶ、
かなり大きなものだったことがわかります。

また、薬剤瓶ですので、
ある程度の密閉性は期待できたはずですが、
持ち歩くには厳しいサイズだったでしょう。

ところで、

この原文だけをみるとわかりませんが、
この時点では、調合ボトルという発想が、
まだ、ありませんでした。

近年では、製薬したレメディを、
まず、保存用濃度に希釈しますが、

これが、市販される状態であり、
それは、母液を数百倍に希釈したものです。

この濃度を「ストック」と称します。

その後、ここから2滴ずつを調合し、
ブレンドされたエッセンスを
携帯できるようにしたものが調合ボトルですが、

当時の冊子で紹介している服用スタイルは、
このストック段階のエッセンスだったようなのです。

つまり、この引用文に示された
「こうして作ったレメディ1滴」とは、
製薬したてのマザーティンクチャ(母液)を指します。

ですから、かなり
エネルギー強度(ポテンシィ)の高い1滴だったのです。

ちなみに、自らを本家と名乗るネルソン社のストック濃度は、
母液を10万倍に希釈しており、
これは、昨今の調合ボトル並みのポテンシィです。

ですから、これをストックのつもりで調合してしまうと、
かなり濃度が薄くなることを意味しますので、
注意が必要といえるでしょう。

彼の書いたこの冊子は、
誕生したレメディの種類が増えるに連れ、
いいかえるなら、フラワーレメディの進化に合わせて、

エドワード・バッチ自身の手で、
この後3度改訂されましたが、

同年秋、4種の新レメディが追加され、
新たな版が登場します。

すると、こちらの冊子には、
ついに調合ボトルが登場するのです。

第三話へと続く…。

2007年に開講した、ひかりあめのフラワーレメディ通信講座で、本療法の深さをあなたご自身の感覚で体験してみませんか。臨床からのホットな話題も楽しめる、Zoom座学付き講座が人気です。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 感情という幻

    感情という幻

  2. 思考と健康

    思考と健康

  3. ふたつの共鳴

    ふたつの共鳴

  4. 火傷と頭痛

    火傷と頭痛

  5. あなたの背後にある赤いもの

    偉大なる味方

  6. リラックスと記憶

    リラックスと記憶

PAGE TOP