フラワーレメディの深いお話し①

フラワーレメディの深いお話し①

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

今回は久しぶりに、
僕にとって十八番であるフラワーレメディに関する
深いお話しをさせていただきます。

フラワーレメディの効果の有無が、
自律神経と関わることを経験的に知り、
今では調和療法の看板を掲げていますが、

それもフラワーレメディと出会っていなければ
そんな気付きもなかったはずです。

それくらい、この療法は深いのです。

今回の全5回の連載をとおして、
フラワーレメディの持つ桁違いの安全性の背景にある、
深みをご堪能ください。

フラワーレメディを利用する際、
自分専用の調合ボトルを用意し、

自身にとって相応しいレメディを
6から7種類選んで調合し、
そのボトルからエッセンスを数滴摂取します。

調合ボトルのことを、
ドース(服用)ボトルとか、
トリートメント(治療)ボトルとか呼びますが、

現在に伝わる手法では、
遮光ガラス製のスポイト付きボトルを用い、

このボトルを常温保存可能な希釈液で満たし、
その中に各レメディのストックボトルから、
それぞれ2滴ずつ入れ、

一回数滴を、一日4回以上服用します。

フラワーレメディと関わる人々なら、
この一連の流れは常識でしょう。

ですが、この流れの中に、
いくつか気になる点があります。

それは、

  • なぜ6から7種類なのか
  • 調合ボトルは、最初から存在したのか
  • 一回に摂取する量は、どのようにして決まったのか
  • 1日の摂取回数は、どにようにして決まったのか

フラワーレメディの開発者であるエドワード・バッチは、
この自助システムの完成後まもなく他界しています。

そのため、

フラワーレメディの利用方法を整合させたのは、
数多くの臨床を経験した、
僕を含む彼の後継者たちです。

ですが、そうはいうものの、

基本となる情報は、
エドワード本人が発信源であるはずであり、

彼の遺した文献や書簡の中に、
それらのヒントは見出せます。

それでは、前述の4つの謎について、
リストの順に向き合ってみましょう。

レメディを6から7種類まで
選ぶことができるという根拠は、
どこから来ているのでしょうか。

そして、どうして6から7種類という、
中途半端な設定なのでしょう。

それは、1933年に発刊された、
エドワードの会報誌「ヒール・ザイセルフ」の2月号に
見つけ出すことができます。

彼はその前年に、シリーズの基礎となる
12種類のレメディを完成させました。

フラワーレメディによる治療を
本格的に始める準備の整った彼は、
この療法を新聞広告に打つという暴挙に出ます。

広く告知する目的で行った、
彼のこの行為は、

医師による広告を禁じていた英国医師会から、
当然のようにクレームを投じられましたが、

西洋医学に対する興味を失っていた彼にとっては、
人々に本療法を知らせることこそが大切であり、

将来、医師免許が剥奪されても、
構わない覚悟が、すでにできていたようです。

彼のこうした言動によって、
その療法の存在を確かめようとした大衆から、
エドワードは沢山の問合せを受けることになり、

そうした対応のひとつとして、
独自の会報誌を発刊することになりました。

このときの文章は、次のように始まっています。

過去5年に渡って研究してきた12種のレメディは、
病気の治療に素晴らしい効果を証明し続けています。

ホメオパシィの治療さえうまくいかなかった、
いわゆる不治の病でも、
非常に多くの患者が健康を取り戻しました。

私は、医療を専門としない人も、
皆がレメディを使えるくらい、
簡単な処方となるよう努めています。

太陽法の確立した1930年には、
エドワードは、彼に名声をもたらせた、
独自のノソード療法も止めており、
ホメオパシィとも決別した状態でした。

西洋医学でもなく、ホメオパシィとも異なる、
新しい発想のシンプルで安全な療法が、

大自然を背景に誕生したことを、
彼は宣言しているようにも見受けられます。

そして、この会報誌では、
彼の発見した12種類のレメディを紹介した後に、
以下の問題となる文言が記されています。

患者が回復するに従い、症状の変化に応じて、
レメディを変えることが、度々必要となります。

場合によっては、半ダースほどの
異なったハーブが必要になることもあります。

エドワードの用意した基本レメディ数である「12」は、
一年の月の数や、黄道十二宮とも関係し、
イエス・キリストの使途の数とも同じですが、
※彼は「数」にこだわる人でした

「12」という数は、いいかえるなら1ダースです。

つまり、彼がこの時点で用意していた
1ダースのレメディセットの

その半数となる6種類前後は、
一度に処方しても良いと、彼はいっているのです。

こうなると、次に疑問となるモノは、
レメディの最大処方数ですが、

これに関しても、6種類前後という目安はあるものの、
彼自身もその臨床の中で、
例外的なケースを度々遺しています。

エドワードの遺した処方メモの中で、
Miss Breedonには9種類のレメディを、

そして、Miss Mountfordへの処方にも、
別の9種類のレメディが記されています。

このうち前者には、
レスキュー・コンビネーションが含まれますが、
後者は、そうではありません。

波動療法である以上、
多過ぎるレメディが雑音化してしまう点については、

自著「本気で☆フラワーレメディ」で説明しましたが、

このように、必要に応じて
自由度の高い処方を検討しても良いようです。

第二話へと続く…。

2007年に開講した、ひかりあめのフラワーレメディ通信講座で、本療法の深さをあなたご自身の感覚で体験してみませんか。臨床からのホットな話題も楽しめる、Zoom座学付き講座が人気です。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. 排毒力

    排毒力

  2. リンパを知る②

    リンパを知る②

  3. 眠りの科学

    眠りの科学

  4. 古典ホロスコープ療法と自律神経

    古典ホロスコープ療法と自律神経

  5. 感情という幻

    感情という幻

  6. 感染症と自律神経

    感染症と自律神経

PAGE TOP