WordPressをインストールしよう④/【特集⑧】ファビコンを掲げよう/ブラウザに花を添えるサイトの小さなシンボルマーク

サイトの小さな広告塔

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

この特集シリーズは、
カテゴリー「アウトプットは社会貢献」として、
いつでもご覧いただけます。

そんな、特集投稿の今日は第7回です。

サイト運営者も訪問者もモチベーションを高める小さな広告塔


今回ご紹介するファビコンの語源は、
Favorite Icon(お気に入りのアイコン)です。

投稿に添えた画像は、
僕のパソコンブラウザで、
フラワーレメディ事典を閲覧しているところですが、

タブの左端にひかりあめの小さなロゴが表示されていますよね。

これが今日の主役となるファビコンです。

画像ではひとつですが、
インターネットで情報収集をしていると、

いつのまにか、たくさんのタブを開いていたりします。

そんなとき、それぞれのタブの左端に表示される、
この小さなシンボルマークが、

必要なタブの発見を助けてくれるものです。

また、このシンボルマークは、
画像のようにブックマークバーでも使われますので、

サイト運営者はもちろんですが、
あなたのホームページやブログを気に入って下さった訪問者は、

ブックマークリストの中から、
このシンボルマークを探すことになります。

つまり、あなたのホームページやブログの広告塔であり、
名刺のような存在ですから、

サイトのイメージにあったデザインが必要になります。

そのマークのサイズは、
縦横わずか16ドットしかありませんので、

その256画素の中に、
あなたのセンスがつめこまれることになります。

こんな説明をすると、
ファビコンはほしいけれど自分にはできる気がしないと、
あなたは尻込みするかもしれません。

確かに以前は、
こうした作業をすべて自分で行い、

favion.ico という特別なファイルを作成し、
特別なソフトを使ってサーバーに登録せねば、
このシンボルマークを表示できませんでした。

ですが今では、特に WordPress では、
驚くほど簡単に設置できてしまいますので心配無用です。

ファビコン用のオリジナル画像を用意する


ちなみに、WordPress の中では、
ファビコンのことをサイトアイコンと呼んでいます。

縦横512ドット以上の正方形画像さえ用意できれば、
あとは WordPress におまかせで設定できます。

まず実験として、
あなたの顔写真をファビコンにしてみましょう。

できるだけシンプルな背景の前に立ち、
スマートフォンであなたの笑顔を自撮りして、
正方形サイズに編集します。

ここまでは、インスタ感覚ですよね。

あとはこれを WordPress に登録するだけです。

サイト管理者としてログインしたら、
ダッシュボードから、

「外観」→「カスタマイズ」と進み、
「サイト基本情報」から「サイトアイコンを選択」を選びます。

すると、WordPress のメディアページが開きますので、
あなたの自撮り写真を登録して下さい。

たったこれだけで、

オリジナル画像がファビコンサイズに自動修正され、
ブラウザのタブに表示されるようになるはずです。

オリジナル画像を外注するという選択肢


前述のとおり僕のサイトのファビコンは、
ひかりあめのロゴを使いました。

適切な色味と余白に調整した複数のオリジナル画像を作り、
納得のいくバランスのファビコン制作にトライしました。

個人のブログなどでは、
アバター画像(似顔絵)を使うケースも多いようで、

もしあなたが画力に自信がなければ、
こんなサービスを活用してアバター画像を外注し、

ファビコンだけでなく、
SNSやメールのアバターや個人の名刺に使ったりと、

あなたの自己表現を助けてくれる、
様々なツールに活かすという手もあります。

ここまで設定できれば、

WordPress で自己表現を楽しむための
最低限の下地が整ったことになります。

次に取り組むべきは、
プラグインを選ぶことです。

WordPress は表示速度を高めるために、
本体自体を軽くしています。

そのためあなたが
ホームページやブログを運営するとなると、

足りない機能に気付くことになります。

そうした不足している何かを補ってくれる
道具箱のようなものがプラグインです。

プラグインの名前のとおり、
インストールも削除も簡単です。

次回の投稿でご紹介しますね。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. アウトプットと自己肯定感

    アウトプットと自己肯定感/【特集②】表現力を高める魔法のリス…

  2. 暗号化通信を設定しよう

    WordPressをインストールしよう②/【特集⑥】訪問者へ…

  3. 魂の学舎のカリキュラム

    魂に刻まれたもの/【特集①】潜在意識よりさらに深い超意識から…

  4. ドメインを取得しよう

    ドメインを取得しよう/【特集③】世界でたったひとつの自分ブラ…

  5. ウェブサーバーを確保しよう

    ウェブサーバーを確保しよう/【特集④】広大なインターネット世…

  6. テーマで決まるホームページやブログの外観

    WordPressをインストールしよう③/【特集⑦】自分らし…

PAGE TOP