検索エンジンとのリレーションシップ①/【特集⑩】パーマリンクを設定しよう/投稿をはじめる前にGoogleのピックアップしやすい各ページ固有の住所を決める

パーマリンクを設定しよう

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

この特集シリーズは、
カテゴリー「アウトプットは社会貢献」として、
いつでもご覧いただけます。

そんな、特集投稿の今日は第10回です。

探す人にあなたを繋ぐ検索エンジン


インターネットを利用するとき、
ほぼすべての人が目的をもっています。

それは、自らの抱えた問題を
解決してくれるコンテンツを探すことです。

かつての検索エンジンは、
的外れな検索結果を表示することも度々でしたので、

検索するための単語(キーワード)の選択にも、
ずいぶん苦労したものです。

最近では、キーワードだけではなく、
文章を検索欄に入力しても、

検索エンジンの人工知能が、
キーワードを拾い出して
関連するコンテンツを探してくれます。

インターネット上に無数に存在するサイトから、
検索意図に沿った内容を探すのですから、
人工知能も進化しなければならなかったのです。

ということは、
検索エンジンの気持ちになって
コンテンツを作り上げれば、

検索エンジン側も自信をもって、
情報を探している人に紹介してくれるはずです。

そんな、検索エンジンとの
リレーションシップ(関係性)深めるための第一歩が、

あなたのホームページやブログの
各ページ固有の住所URLの決め方を、
WordPress に教えてあげることです。

その固有の住所こそ、パーマリンクです。

パーマリンクのデフォルトはページ番号割付式


8年間続いた、ひかりあめの前ホームページは、
このパーマリンク設定をしない状態で運用してしまいました。

僕の勉強不足でした。

そのため、前ホームページの各ページの URL は、
こんな感じでページ番号が割り当てられていました。

hikariame.jp/?p=9275

この URL をみただけでは、何を語るページなのかわかりません。

パーマリンクとは、その名のとおり、
ずっと使い続ける固有の住所ですから、

ひとたび公開してしまうと、
リンク切れをさせないために変更できません。

そこで、こちらの新サイト公開前に、
パーマリンク設定をしたのです。

新サイトでは、
たとえばLINE@の会員募集ページは、
以下のようなパーマリンクが割り当てられています。

hikariame.jp/membership

URL をみただけで、
何かしらの会員募集ページだとわかります。

その結果、検索エンジン側としても、

このページの住所となる URL と、
コンテンツの内容が一致すれば、

情報を探している人に
そのページをお薦めする根拠がひとつ増えるわけです。

パーマリンクの設定と各ページのパーマリンク


それでは、具体的な設定方法です。

サイト管理者としてログインしたら、
ダッシュボードから、

「設定」→「パーマリンク」と進みます。

表示された「パーマリンク設定」ページには、
デフォルトとして「基本」が選ばれているはずです。

これを「投稿名」に選びなおし、
ページ下部の「変更を保存」をクリックします。

この操作で、各ページのパーマリンクを設定する項目は、
ページのタイトル名が自動的に入力されるようになりますが、

パーマリンクは日本語であってはなりません。

固有の URL となるパーマリンクに日本語を使ってしまうと、
そのページへのリンクが無効となる場合があるからです。

僕たちは日本人である以上、
サイト内の各ページのタイトルは、
日本語になることがほとんどですので、

パーマリンクの項目に反映された内容を、
意味のわかるアルファベット、

通常は英語で設定してあげます。

英語への翻訳に自信がなければ、
Google 翻訳を使いましょう。

翻訳した内容に空白がある場合は、
各単語の間をハイフォン(-)でつなぎます。

これで、そのページに相応しいパーマリンクが完成します。

次回の投稿では、
各ページのタイトルのつけかたについてご説明します。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. ページタイトル

    検索エンジンとのリレーションシップ②/【特集⑪】投稿のタイト…

  2. ドメインを取得しよう

    ドメインを取得しよう/【特集③】世界でたったひとつの自分ブラ…

  3. サイトの小さな広告塔

    WordPressをインストールしよう④/【特集⑧】ファビコ…

  4. 自己紹介

    検索エンジンとのリレーションシップ③/【特集⑫|最終回】自分…

  5. プラグインを実装しよう

    WordPressをインストールしよう⑤/【特集⑨】プラグイ…

  6. 暗号化通信を設定しよう

    WordPressをインストールしよう②/【特集⑥】訪問者へ…

PAGE TOP