神様のデザイン

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

フラワーレメディを学べば学ぶほど、
万物がなぜそこにあって、なぜそんな姿や形をしているのか、
気になって仕方無くなるものです。

そしてそれらは、
実に緻密でありながら、
調和に満ちていることがわかります。

ですから、その調和を保つ生き方をするなら、
健全な一生が約束されるのも事実です。

神様のデザインは、まさに完璧なのです。

父が脳梗塞で倒れ、母が大腸癌になったとき、
メンタル的に楽天的でストレスと縁遠い彼らが、
大病を患うことが不思議でしたが、

神様のデザインを無視した生き方のツケを、
そうした病という形で、
精算せねばならなかったということが、
後になってわかりました。

その問題こそが、食生活でした。

出張の多かった父は、外食が多く、
料理上手で気遣いの行き届く母は、
ふたり揃った食卓では、
いつも美味しいもので父をもてなしました。

愛情に満ちたこの風景は、
何の問題も無いどころか、理想的な夫婦像に見えます。

しかし、食卓に上った料理はどれも、
神様のデザインを無視した、
動物性タンパク質過剰のモノだったのです。

解剖学的な話しとしてではなく、
人体の内外における、
その姿形が偶然の産物では無いことを噛みしめ、

今日は、腸という臓器に着目してみましょう。

食べ物は、胃腸で消化吸収されるのですから、
神様のデザインを無視すると何が起こるかを、
この臓器が、解りやすく僕たちに教えてくれます。

雑食動物である人間の腸は、
長く、細く、腸壁に深いヒダと小嚢が沢山あり、
複雑にカーブしています。

一方、肉食動物の腸は、短く、太く、
腸壁は滑らかで、小嚢はなく、ほとんど真っ直ぐです。

このように、まるで違うのです。

人間の腸のその形や、深いヒダは、
色々なモノを食べる食習慣に対応し、
それらの栄養分をしっかり吸収するためにあります。

言い換えるなら、微細な栄養でも確実に吸収するため、
余分な栄養は、必要無いということも表しており、

もし余分になった場合は、
何等かのバランスが崩れることを暗示しています。

一方、肉食動物の腸は、そういう形では無いため、
構造上、人の腸よりずっと速く、食べたモノが通過してしまいます。

そのため、腸が毒素を吸収するリスクが殆どなく、
結腸癌になることもありません。

さらには、人間の食用となる動物である牛や豚、鳥などより、
体温の低い人間の身体の中では、
動物性食品の脂肪分は、常に個体のままであり続けます。

冷蔵庫で、バターが固くなるのと同じ現象です。

腸の中で、それらが全く流動することができなくなる可能性があり、
不幸にして、腸壁のヒダに不着すれば宿便となり、
慢性的にその場所に留まり続けます。

毒素を、抱えたままになると言うことです。

問題は、まだ続きます。
動物性食品には、
食物繊維が一切含まれていません。

繊維質が、腸の中で箒の働きをすることは有名ですが、
これが無いと腸が塞がってしまい、
食物が結腸を通過するために必要な時間が、ドンドン長くなります。

そうなれば、排水溝が詰まるように、
腸壁のヒダも、そして腸自体も、
脂肪のびっしり詰まった状態になってしまいます。

大便として排泄される直前のこの場所で、
腐敗しつつある消化吸収後の食物の残骸が、
腸に長時間停滞すると言うことは

その毒素を吸収する危険性が高くなるということが、
容易に想像できるでしょう。

繰り返しますが、神様のデザインは完璧です。

健全な生命の大原則は、
そのデザインから逸脱した生き方をしないことです。

人間の永久歯は、
穀物などを磨り潰すための臼歯が16本、

野菜を切るための門歯が8本、
肉や魚を食いちぎる尖った犬歯が4本あります。

食材のバランスも、この比率に従って、
穀物・野菜・肉魚類を5 : 2 : 1の割合とするのが良いようです。

Scroll to top