なかいま/永遠とともにある生命の根源は「今」にのみ存在する/僕たちはいつもここからはじまっている

中今

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

画像は砂時計です。

「時計」という名前を持ちながら、
時刻はいっさいわかりません。

過ぎゆく時間を見つめることを楽しめる、
とても不思議なアイテムです。

「中今」と書いて「なかいま」と読む神代の概念


「なかいま」は日本神道における、
歴史観のひとつです。

永遠を生きる魂(生命の根源)は、
いつも「今」にあるといわれますが、

それは無限の時空を越え、
どこまでも続く宇宙尺度における、

「普遍なる中心」を意味しており、
三次元時空における「現在」ではありません。

神代を継承する「今」であり、
それはいつもここからはじまっています。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
とくに最近の僕は、
この言葉に毎日はげまされている気がします。

過去さえも今の産物だということを、
この概念は教えてくれるからです。

そんなはずはない!と思われたかもしれませんね。笑

過去や未来に投影される今の自分


では、わかりやすく説明してみます。
あなたは、あなたのすべての「過去」を覚えていますか。

よほど記憶の優れた人でも、
それはありえませんよね。

実際には印象的な思い出だけを
記憶しているだけです。

そしてそれを、
悔やむのも懐かしむのも、
「今」のあなた。

忘れてしまった「過去」もたくさんあって、
その中にも大切なできごとが、もちろんあったはずなのですが、

あなたがとらわれているのは、
その中の「ほんの一部」でしかなく、

しかも多くの場合、
わざわざ気分を沈ませるために、
それを思い出しています。

ということは「今」のあなたが、
その思い出に価値を見出さなくなれば、

ほかの多くの思い出たちと同じように、
あなたの記憶の中に大人しく身をひそめるでしょう。

おかしな話しですよね。

わざわざネガティブな想いにふけるために、
価値を見出していたのですから。

同じように「未来」に対して、
憧れるケースも少なくありません。

これも「今」のあなたが、
まだ見ぬ「未来」に憧れているだけです。

「今」の自分に満足できないのなら、
「未来」に希望を託したい気持ちはわかります。

ですが残念ながら、

「今」の自分の延長が、
「未来」の自分だという大切な事実を見落とし、

何か別の自分が、
「未来」を切り拓いてくれていると妄想しているのです。

まず「今」のあなたを、
ポジティブに転じさせなければ、
「未来」のあなたは「今」のままです。

つまり「今」は、
これだけ大切だということです。

「魂の学舎」で13週間に渡って取り組む「自分を大好きになる」こととは、
まさにその「今」をポジティブに輝かせるためのチャレンジであり、

「今」の価値が最大限に向上すれば、
「過去」にも「未来」にも、その結果が投影されはじめます。

そして幸せな目は、
幸せな景色を好んで探しはじめることでしょう。

無限なる宇宙の中心として
大きな価値を持つのが「今」この瞬間であり、

それを自在にコントロールできるのは、
たったひとりのあなただけなのです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. コンフォート・ゾーンからの卒業

    コンフォート・ゾーンからの卒業【後編】/なりたい自分になるた…

  2. 器用と不器用

    器用と不器用/後悔は挑戦した証拠/たとえ失敗しても本質的な失…

  3. 躊躇と実行

    躊躇と実行/人生の分岐点における小さな葛藤の瞬間とその未来の…

  4. 表現の正体

    表現の正体/出生の水星力を磨く表現の場/それは潜在意識を経由…

  5. 支え合いの法則

    支え合いの法則/しっかりと寄り添うけれど干渉は一切しない生き…

  6. まどろみワークのすすめ

    まどろみワークのすすめ/潜在能力と直接繋がったタイミングを活…