奇蹟の手術

奇蹟の手術

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

医療界だけでなく、精神世界でも活躍の場の広い、
インド系アメリカ人医師、ディーパック・チョップラ氏の、

彼の長年の臨床の中から、とても興味深い、
癌にまつわる実話をお届けします。

それは、黄疸で入院した、
ディアンジェロ夫人のお話しです。

63歳になるディアンジェロ夫人は、黄疸で入院しました。

ご存じのとおり黄疸は、
皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる特徴的な病気で、

彼女の場合は、胆石が原因と思われたため、
手術が行われることになりました。

チョップラ医師が彼女の下腹部を開腹すると、
胆石ではなく、それは胆嚢癌だと判りました。

癌は既に腹部全体に広がっており、
肝臓まで及んでいたのです。

もはや、手術は不可能だったため、
それ以上の処置はせず、彼女の腹部は閉じられました。

手術後、彼女の娘さんに結果を伝えたところ、

娘さんは、その事実を母親が知ったら、
ショックですぐに死んでしまうだろうから、

彼女には病状を告げないで欲しいと、
チョップラ医師に懇願し、彼もそれを受け容れました。

約束通り、胆石の手術は成功したことにして、
彼女は退院となりましたが、

余命は2ヶ月程であろうと思われていました。

ところが、次に夫人が通院したのは、
何と8ヶ月後でした。

黄疸は無くなり、生き生きと健康そうな表情で、
医学的にも癌の痕跡は見つからなかったのです。

夫人は定期健診のため、その後も通院していますが、
病気は再発していません。

術後数回目の定期健診の際、
彼女はチョップラ医師にこういったそうです。

 黄疸で入院したとき、
 わたしはてっきり癌だと思っていました。

 ですから、手術をして胆石だと判った時、
 本当に安心したんです。

 そして、2度と病気になるまいと、
 そのとき決心しました。

これは、チョップラ医師が過去に遭遇した中で、
最も驚かされたケースだったそうです。

このプラシーボ効果をもたらしたのは、
薬ではなく手術でした。

まさに、奇蹟の手術だったのです。

医学的には、まったく無意味な手術でしたが、
ディアンジェロ夫人を完全治癒に導く、
きっかけを作ったのです。

まさに、彼女の思いが、
彼女を生かした
のです。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

齋藤暢弘

関連記事

  1. あなたの背後にある赤いもの

    偉大なる味方

  2. 偽薬というプロセス

    プラセボ

  3. 人生初の交通事故

    人生初の交通事故

  4. 少食と健康

    少食と健康

  5. 人生は挑戦の連続

    観念

  6. テロメア/寿命の回数券

    テロメア

PAGE TOP