神様のデザイン/生命のあらゆる部位のそのかたちとはたらきは偶然の産物ではない/雑食動物である人間の腸内でおこっていること

ひかりあめの暢弘です。
当サイトへのご訪問、感謝します。

フラワーレメディを学べば学ぶほど、

万物がなぜそこにあって、
なぜそんな姿やかたちをしているのか、
気になって仕方なくなるものです。笑

そしてそれらは、
実に緻密でありながら、
調和に満ちていることもわかります。

ですから、

その調和を保つ生き方を選ぶのであれば、
健全な一生が約束されるはずです。

神様のデザインは、
おそらく完璧なのです。

ポジティブな両親を襲った大病


病は気からといわれます。

僕の父は脳梗塞で倒れ、
母はふたつの癌を経験しました。

よく食べ、よく眠り、
メンタル的にも前向きでストレスとは縁遠かった僕の両親が、
大病を患ったことが不思議でした。

ですが、

こうした大病を彼らが引き寄せたことは、
なにかしら神様のデザインを無視した、
生き方のツケを精算する必要があったからです。

その問題こそが食生活でした。

出張の多かった父は外食が多く、
料理上手で気遣いの行き届く母は、
ふたりのそろった食卓では、
いつも美味しいもので父をもてなしました。

愛情に満ちたその風景は、
何の問題もないどころか理想的な夫婦像にみえます。

しかし、

食卓を彩った母の手料理の数々は、
動物性タンパク質主体のものがほとんどでした。

人間の腸のかたちとはたらき


解剖学的な話しとしてではなく、

ひとつの生命のあらゆる部位において、
その姿やかたちが偶然の産物ではないことを理解するため、

この投稿では「腸」に着目します。

食べ物は胃腸で消化吸収されるのですから、
神様のデザインを無視すると何が起こるのかを、
この臓器がわかりやすく教えてくれます。

雑食動物である人間の腸は、
長く、細く、腸壁に深いヒダと小嚢(しょうほう)がたくさんあり、
複雑にカーブしています。

一方、肉食動物の腸は、短く、太く、
腸壁は滑らかで小嚢はなく、
ほとんどまっすぐです。

まるで違います。

人間の腸のそのかたちや深いヒダは、
色々なものを食べる食習慣に対応し、
それらの栄養分をしっかり吸収するためにあります。

いいかえるなら、
微細な栄養でも確実に吸収できる構造のため、

もし栄養摂取が過剰気味になれば、
なんらかのバランスが崩れることを暗示しています。

一方、肉食動物の腸はそういう構造ではないため、
人間の腸よりずっとはやく、
食べたものが通過します。

そのため、

腸が毒素を吸収するリスクがほとんどなく、
結腸癌になることもありません。

さらには、

人間の食用となる動物である牛や豚、鳥などより、
体温の低い人間の身体の中では、
動物性食品の脂肪分は個体のままでありつづけます。

冷蔵庫内でバターがかたくなるのと同じ理屈です。

つまり腸の中で、
それらがまったく動くことができなくなる可能性があり、

腸壁のヒダにとどまれば宿便となり、
長期にわたってその場所にありつづけます。

毒素をかかえたままになるということです。

このほかにも問題はさらにあって、
動物性食品には食物繊維が一切含まれていません。

食物繊維が腸内で箒(ほうき)のはたらきをすることは有名ですが、

当然、これがなければ腸はふさがってしまい、
食物が結腸を通過するために必要な時間が、
どんどん長くなります。

そうなれば、
まるで排水溝がつまるように、

腸壁のヒダも、そして腸自体も、
脂肪のびっしりつまった状態になってしまいます。

大便として排泄される直前のこの場所で、
腐敗しつつある消化吸収後の食物の残骸(ざんがい)が、
腸に長時間停滞するとういうことは、

その毒素が血液に混入し、
人体のあらゆる部位へと送られることを意味します。

地球の重力の関係で、
心臓より高い部位へはゆっくりと血液は送られますから、

脳を傷付ける危険性の高くなることは、
かんたんに想像できます。

健全な生命の大原則は、
神様のデザインから逸脱(いつだつ)した生き方をしないことのようです。

人間の永久歯は、
穀物などをすりつぶすための臼歯(きゅうし)が16本、

野菜を切るための門歯(もんし=前歯のこと)が8本、
肉や魚を食いちぎる、とがった犬歯(けんし)が4本あります。

食材のバランスもこのデザインの比率に従って、
穀物・野菜・肉魚類を 4: 2 : 1 の割合とし、

ほどよい量を、
よく咀嚼(そしゃく)していただきましょう。


ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。※もっと詳しく

LINE@で繋がりましょう

この記事の書き手

齋藤 暢弘(さいとう のぶひろ)
調和療法のひかりあめ代表。自律神経専門ナチュロパス。国際特許技術を開発したロボットエンジニアだったが、不思議な縁に導かれ沖縄に辿り着く。移住後、自らのパニック障害克服を通じ、自然療法を極めると決意。薬に一切頼らぬ、安全な七つの代替自然療法を融合させた独自の調和療法で、完治と快癒を常に目指す風変わりな治療家。※もっと詳しく

この記事の書き手

関連記事

  1. 靴下と自律神経

    靴下と自律神経/腕と脚を区別した人類の過ちが自己肯定感を抑圧…

  2. 母乳とタンパク質

    母乳とタンパク質/出生時の体重を二倍にするために必要な期間の…

  3. 足りない運動/職場や家庭における日々の決まった動作は運動とし…

  4. 腸内宇宙と食物繊維

    腸内宇宙と食物繊維/三万種一千兆個の腸内細菌の織りなす世界/…

  5. 感情という幻

    感情という幻/パニック障害を患ったからこその気づき/不安も恐…

  6. 身体と気圧

    身体と気圧/低気圧の引き起こす身体の酸素吸収量の低下は何を物…

自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら
自分を大好きになる13週間の奇蹟を体験しましょう
詳しくはこちら