猫の言葉

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

わが家の愛猫チアさんは、
娘の通っていた高校の裏山に
捨てられていたところを拾われました。

生後2週間以内の、まだ開眼していない赤ちゃんで、
足腰もしっかりしておらず、
低体温状態にも陥っていました。

お湯を張ったタッパーをタオルでくるみ、
その上で寝かせると、
幸せそうにスヤスヤと眠りました。

猫用ミルクを哺乳瓶で元気良く飲み始めたとき、
そして、立派なウンチをしたときには、
嬉しくて涙が出ました。

僕がミルクをあげているとき、開眼した彼女は、
その日以来、僕のコトを親だと確信して生きています。

僕も、彼女を本当の娘と思っていますから、
この関係は本物でしょう。

あれから6年が経過し、
特に外出したがらなかった彼女は、
家猫として育ちました。

家族とも仲良く、そして、
ひかりあめを訪れるお客様にも愛されています。

外出しませんので、
毎日出会うのは人間ばかりですから、

たまに動物病院に連れて行くと、
仲間のネコやイヌに対して、怪訝(けげん)な反応をします。

 誰?アナタたち?

…って、感じです。

彼女は、自分のコトをネコと思っていないのでしょう。

そして、最も不思議な点は、
親ネコ不在で育ったというハンディを持ちながら、
彼女は立派なネコ語でしゃべるというコトです。

ですが、僕に話しかける時だけは、様子が違うのです。

この点について、
あまり深く考えたコトは、無かったのですが、

もしかすると、

僕とのコミュニケーションで身に付けた人の言葉を、
ネコの声帯で発音しているのではないか…ということに、
今朝、気付きました。

そうだとすると、説明も付きます。

話し掛けて来る彼女に対して、
ネコのマネをして返答するより、

普段通りの人間の言葉で応えた方が、
チアさんは納得の表情を浮かべる点がです。

これは、僕がネコ語を喋れるようになったのではなく、
彼女が人間の言葉を、
手に入れたと言うべきでしょう。

やれば、出来るモノです。

人間である僕らも、見習わねばなりません。