靴下と自律神経


ひかりあめにおける調和療法の一つに、
クラシカル・オステオパシィがあります。

この手技を習得するには、

オステオの意味する骨、
つまり人体の骨格を学ぶ必要がありますが、

腕と脚、手と足の構造は、骨や筋肉、
血流や神経組織、リンパの構成など、

どれをとっても酷似しているにも関わらず、
僕たちの文化は腕と脚を
区別しているコトにお気付きでしょうか。

犬や猫は、人間の腕にあたる部分を前脚、
脚を後ろ脚と呼びますが、

もしかしたら、こちらの捉え方の方が
理想的なのかもしれません。

あなたのその腕、その脚の先端である、
てのひらと足先について、あらためて考察してみましょう。

寒くなると、手袋をする人も増えると思います。

僕も最近の朝のウォーキングでは、
純綿の手袋を愛用しています。

手袋の多くは5本指仕様です。

言い替えるならそれは、
5本の指がそれぞれ自由に動く手袋です。

ですが、幼かった時分、
親指だけが分離した手袋、

足でいうところの足袋のような形の
そんな手袋をしたことはありませんでしたか。

そして、その手袋をして、
雪合戦をした記憶はありませんか。

親指の自由度は確保されているけれど、
それ以外の指は、ひとまとめになっているため、

雪の玉を作ることに苦労したはずです。

足先は、この問題を背負い続けています。

靴下の殆どは、全ての指をひとまとめにしていますよね。

つまりてのひらと足先は、
酷似した構造であるにも関わらず、

足先の自由度は著しく失われているのです。

最近では、5本指の靴下や、
足袋状の靴下も販売されていますが、

それでも圧倒的に少数派です。

靴を履いてしまえば、
足の指の自由度は靴で制限されますので、

靴下に何を選ぼうが関係なさそうですが、
果たしてそうでしょうか。

僕は以前、その違いを実験的に体感しましたが、
明らかに脚全体の疲れに差が出ました。

5本指の靴下を履く方が、
同じ運動量でも疲れずに済むのです。

それもそのはずです。

指の分離していない一般的な靴下を履いて、
その上から靴を履けば、

足の指の自由度は二重で奪われますが、

一方、5本指仕様の靴下を履いて、
その状態で靴を履くと、

靴の中の空間的な余裕の分だけ、
足の指には自由が得られます。

それは、小さな自由度かもしれませんが、
その差が一日中靴を履く仕事の人に対して、

大きく影響しないワケがありません。

そして、習慣的に、
足の指の自由度が奪われた状態が続けば、

その窮屈な感覚(ある種の閉塞感のような苦しさ)
潜在意識に刻まれるコトになり、

自己肯定感への悪影響もあるはずであり、
そうした状態は当然のように、
自律神経にも影響します。

たかが靴下では決してないのです。

歳をとると、足腰が弱くなると言われています。

ですが、電子ブック「幸せな歳巡り」に記したとおり、
フンザに暮らす人々の多くは、

人生最後の日まで畑仕事に精を出すそうです。

傾斜の厳しい土地を自由に歩き回る彼らが、
足腰が弱っているとは到底思えません。

つまり、この定説じみたことは、
日本においては、もしくは文明社会においては、

そんな前提があるのではないでしょうか。

僕も今年、60歳になりましたが、
同年代の仲間は自らの老後のために、

バリアフリーへの改築を検討しているようです。

実際、転んで骨折したことがきっかけで、
寝たきりになったり、
認知症の引き金となったり、

そんなケースが珍しくないから、
彼らは危機感を抱くのでしょうが、

僕はといえば、脚も腰も若い頃と変わりなく、
毎日4キロの道をゆっくりと歩き、
段差だらけの自宅を楽しんでいます。

夏は素足で、そして冬は5本指靴下を履いて。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

Scroll to top