表現の正体

自身の水星力を思い出す、もしくは成長させるために、
何等かの表現の場を持つコトを、

僕にアドバイスされた方は少なくないでしょう。

僕にとってのそれは、このブログであり、
ライン@のメッセージであり、
週刊音声マガジンなのですが、

それらは日記ではありませんので、
いつかネタの尽きる日が訪れそうなものですが、

有難いコトに、その時は、
なかなかやって来ません。

毎回、何を書くのか、
その都度、考えているワケではなく、

1本の記事を書く中で、
その日の投稿から連想される別のテーマを
ポイントだけメモするようにしているのですが、

多くは、そのメモの内容が、
そのまま、後日の記事のタイトルとなって、

タイトルを通じて湧き出てくる文章を、
僕の言葉で、まとめるようにしています。

もちろん、合間合間に辞書を多用し、
正しい日本語表現、大人らしい日本語表現を、

心がけるようにもしています。

そんな僕の、愛用の電子辞書はこちら。

今年刷新された、こちらのアナログ辞書も、
超おススメです。

さて、さて、

今日、お伝えしたいコトは、
こうしたネタが、
尽きるか否かという話しではなく、

こうして、タイトルだけ提供されたときに起こる、
僕と言う人間の、興味深い反応についてです。

おそらく、誰にでも起こっている現象ですが、
最近の僕は、その反応が顕著な気がします。

早朝、リストに書き溜めておいたタイトルたちを、
しばらく眺めていると、
書きたいモノが、目に飛び込んできます。

すると、次の瞬間、そのタイトルに沿った、
2通りの文章が湧き出て来るのです。

ひとつの文脈は、そのタイトルに相応しい、
僕の記憶を辿った、それらしい文章であり、

そして、もうひとつは、

僕の顕在意識とは全く無関係の、
一見突拍子も無い内容なのですが、

最終的には、その日の記事の骨子ともなる、
無くてはならないモノに化ける、
そんな可能性のある文脈なのです。

言葉では表現し難いのですが、
それはまるで、もうひとつのテーマのようなモノです。

ですから、完成に至る前の僕の文章は、
支離滅裂もイイところで、

そうした中から、この作業を客観視している、
もうひとりの僕の指示によって、

テキストエディタのカット&ペーストを駆使し、
最終的な文章へと仕上がって行きます。

こんな表現をすると、
さすが変人!と、拍手を頂戴しそうですが(笑)

おそらく人間という創造物は、
自分自身と常に対話しており、

自己表現をする必要があるときには、
自分対自分の論議の結論だけを
誰かに伝えているのではないでしょうか。

論議をしている一人目の自分とは、
もちろん、顕在意識側の自分です。

自分の良く知る、社会的にも知られた、
現世を生きる自分のことです。

そして、もうひとりの自分とは、
物理的な身体に繋がった、永遠の存在である魂です。

その魂の声を五感がキャッチし、

言い替えるなら、聞いたり、触れたり、
味わったりしながら、

そうした、自分自身と向き合った結果が、
自己表現と呼ばれるモノなのでしょう。

このようにして、表現を日々重ねるコトで、
大切な何かに触れる可能性が高くなるワケですから、

自分を表現し続けることは、
止めたくないし、
止めるべきではないはずです。

古より、様々な形で伝わる、
まず、実践せよ!と言う賢者の言葉は、

魂と出会うチャンスを増やせ!と、
僕たちに教えているに違いありません。

魂は、高次の自己とも呼ばれます。

ということは、
かなり周波数の高い存在です。

つまり、実践という形で、
何等かの自己表現を続けて行けば、

僕たちの波動は、自ずと高まるのです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top