与えられた才

人には必ず、何かしら、
与えられた才脳があります。

ところが、なぜか、
その対極となる部分に、
僕たちはフォーカスしてしまいがちです。

つまり、自分に出来ないコトに、
思い悩んでしまうのです。

 どうして自分は、
 ○○が出来ないんだろう。

…と、出来ないコトと向き合う時間を、

自分に出来るコトを、
実践する時間にシフトし、
かつ、積極的に動いてみませんか?

もちろん、動く方向も自分で決め、
その選択と行動の結果には、責任を持ちます。

これを一日中、そして一年中、
誠意をもって続けるのです。

はじめは、小さな結果しか
残らないかもしれませんが、

出来ることのバリエーションは、
その積み重ねによって、
自ずと広がらざるを得なくなります。

例えば、昨日と今日で、
自分に出来るコトを選択した結果、

全く同じ課題に取り組んだとします。

しかし、人間の不確実性は、
時としてチャンスを提供してくれます

ちょっとした着想の違いや環境の違い、

そして、自身の手法の違いが、
微妙に違う結果をもたらすのです。

これが、才能や能力の拡大へと、
そして、可能性の拡大へと繋がって行くのです。

こうして、出来るコトが少しでも増えれば、
出来ないコトが減るワケであり、

その結果、思い悩むキッカケも減ります。

これだけでも、
充分に有難いのですが、

積極的に自分と向き合うのであれば、
さらに心掛けたいコトがあります。

それは、目標を決めておく…というコトです。

そうすることで今度は、
無意識が味方になります。

何かを実行している時、
人間の不確実性のもたらすチャンスの方向が、

目標に向かって、
無意識に軌道修正されるようになるからです。

これこそが、
目的意識を持つことの利点です。

逆の言い方をするなら、
目的や目標があっても、

何の行動もしなければ、
そこへ一歩も近付くことはありません。

エドガー・ケイシーのリーディングの中に、

 自分に与えられた仕事や環境に対して、
 常に最善を尽くせ

…という意味の言葉が
何度も、何度も、登場します。

僕たちは、何か特別な能力が、
ある日突然、宇宙からもたらされると
期待しがちですが、

そんな都合の良い偶然は存在しません。

だから今日も、出来るコトに感謝を込めて、
最善を尽くすべきなのでしょうね。

出来るコトを、日々、楽しみましょう。

僕たちの中に眠る才は、
広がりたくてウズウズしています。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top