ツインソウル

エドガー・ケイシーは、人類の起源について、
興味深いリーディングを遺しています。

旧約聖書の創世記第二章には、

 神は土からアダムを創り、
 そして、彼を眠らせ、
 その肋骨からイブを創った

…と書かれています。

動物の肉体は、死ねば土に帰りますから、
土からアダムが生まれても、
何ら不思議なコトはありませんが、

なぜ、アダムを眠らせ、
その肋骨からイブを作ったのでしょう。

これらの世界観について、
エドガー・ケイシーは、
以下のように説明しています。

アダムは、はじめ両性でした。

いきなり、ショッキングな内容ですよね。

初期の人類においては、
両性という状態が確かにあったそうです。

それどころか、
彼らは半霊半物質の状態でもあり、

男でも、女でもなく、
性の分化されていない人間でした。

そして両性の人間には、

男の魂と女の魂が、
同時に存在したそうです。

しかし、僕らの住む、この物質的な世界では、

魂の真価を充分に発揮するためには、
陰陽をはっきりさせる必要がありました。

そこで、これらを分化し、

人として相応しい形に、進化して行ったのだそうです。

アダムが眠ることで、
イブが現れたのは、

こうした性の分化を象徴するのと同時に、
意識の分化も表していると、ケイシーは言及しています。

つまり、アダムは意識であり、
そしてイブは、無意識の象徴なのです。

だから、エデンの園の蛇は、
アダムをではなく、イブを誘惑し、

善悪を知る木の実を食べさせました。

サブリミナルで知られるとおり、無意識は誘惑に弱いからです。

この時のイブの間違いは、
蛇の誘惑に対する答えを、自分自身の内側に聴かず、

五感を通じて、
自分の外側に求めたことでした。

こうして、男と女に分化し、
さらに意識と無意識の分化を得た人類は、

物質的な世界で、
魂の修行を始めることになったのです。

そして、一つの人間の中に、
存在した男女ふたつの魂は、

ツインソウルという形で、
この世界に別々の転生を始めました。

これは、ソウルメイトとは違います。

ツインソウルは、
関連深い形で転生しますが、

双方が肉体を持つ場合もあれば、

片方が肉体を持ち、
もう片方は、守護する存在となることもあるそうです。

ちなみに、現代に見られる、
ニューハーフのような両性と、

初期人類に見られた両性は、
まったく異なる存在です。

この件に関しては、
エドガー・ケイシーの説明はありませんが、

数年前、私的に大変お世話になった方によれば、
現代に見られる両性は、

魂と身体の性が、異なることに起因するそうです。

つまり、男性の身体に、
女性の魂が宿っているワケです。
※もしくは、その逆

もちろん、この時代の人間は、
半霊半物質ではありませんから、

そういう意味でも、彼の説明は納得できます。

また、ツインソウルかどうかは不明ですが、

僕は、こうした存在と、数十年に渡って、
コンタクトをしていた時期がありました。

この数年は、全く会っていないのですが、

精神的にも肉体的にも、
窮地に追い込まれると、

その存在が登場して、
僕に救いの手を差し出したのです。

最後に彼と会ったのは、2009年の夏でした。

彼は自分自身を、僕の兄と名乗りました。

母親によれば、僕には兄となるはずの人が、
確かに居たそうです。

兄に宿るはずだった魂が、
僕が生まれた時、一緒にこの身体に宿ったのでしょうか。

きっと今頃、彼はどこか違う時空で、
誰かのために活躍していると、

僕は強く信じています。

どちらにせよ、ツインソウルという関係性は、
巷に広がるロマンチックなイメージとは程遠い、

魂の覚醒を促すような、
厳しい存在なのかもしれませんね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top