肉体と精神

遣るべきことを遣る。
行くべき場所へ行く。

そして、在るべき自分で在り続ける。

こうしたシンプルな生き方ができずにいるのは、
僕たちが肉体を携えた精神だという事実に、

目を背けているからなのかもしれません。

もちろん、いくら精神が主であるからと言っても、
肉体が無ければ、色々と困ります。

精神だけの存在なら、
時空に束縛されることはありませんが、

肉体があればこそ、物理的な成果を、
時空に刻むことができます。

原稿用紙と鉛筆がそこにあっても、
もし僕が、精神だけの存在だったなら、

自著を世に送ることはできませんでした。

まさに、肉体があってこその快挙です。

このように、肉体と精神は、
セットとなって現世の人格を表現しますが、

精神が主であり、肉体は精巧に出来た、
精神の付帯設備だと捉えるべきだと、僕は感じるのです。

精神が、言い替えるなら心や魂が、
人生の選択権を握ると、

日々の行動は、活き活きとします。

なぜなら、精神の決めた方向に向かって、
その乗物である肉体が、
精神を載せて動きまわるのですから、

主導権を握った心や魂は、
いつも達成感に満たされ、
ハッピーにならざるを得ません。

ところが、

残念ながら、多くの人々は、
精神の乗物である肉体を基準に、
人生を選んでいます。

背が低いから、
体格が華奢だから、

視力が弱いから、
腰が曲がっているから、

そして究極は、若過ぎるから、
年をとってしまったから、

さらには、男だから、女だから、ハーフだから。

このように、乗物を基準に、
生き方を選んでしまっていますから、心も魂も満足できません。

そして、その結果、
充実感の希薄な人生になりかけているのです。

努力しているのに、エネルギーの空転を覚えるのは、
張り切っているのが肉体や本能であって、

心や魂が何も実現できていないコトを、
あなたに教えているからなのではないでしょうか。

こんなはずじゃない!と。

そして、こうした生き方が習慣化されれば、
心や魂の生活習慣病となってしまうのでしょう。

フラワーレメディに使われる、
ワイルドオート(野生カラスムギ)は、風媒花です。

生殖のプロセスを、
本来、ポリネータであるはずの虫たちに任せず、
漂う風に委ねる生態を選んだ植物です。

そもそも穂状の花は、構造が細長いため、
虫が花粉を持ち出せません。

ですから、麦や稲の穂が風に揺れるのは、
自身の受粉を助けるためなのです。

それなのに、なぜかワイルドオートは、
風通しの良い野原に生息せず、
林や森の際に育ちます。

つまり、林や森の、
木々の間を抜けてくる風が吹いても、

ワイルドオートまで届くことはなく、
彼らは花粉を飛ばせません。

ですから、彼らは叫びます。

どうして、僕らは、
こんな場所を選んで生きているんだ!

こんなはずじゃない!

肉体を乗物と割り切り、精神に選択肢を委ねた、
充実感のある人生を送りたいのであれば、

ワイルドオートを中心としたエッセンスを、
暫く飲み続けてみては如何でしょう。

セブン・ヘルパーズですから、
ある程度長期間、飲む必要があるでしょう。

そして、毎朝の瞑想の締めに、自らに向かって念じてみましょう。

 わたしは、肉体を携えた精神です。
 心の赴くまま、魂の赴くまま、
 この肉体に飛び乗って、出掛ける準備は整っています。

結果は必ず出るはずです。
それが3次元生命の仕組みだからです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top