注射嫌い

僕の近しい人、数人には話したコトですが、
とにかく僕は、注射が嫌いです。

注射が好き!なんて人はいないでしょうが、

僕のように身体中が硬直したり、
気を失いかける人は、少ないのではないでしょうか。

注射が嫌いだからと言って、
生活に大きな支障はありませんが、

当然ながら、血液検査や献血は、
極力避けるしかありません。

注射というより、注射針が怖いのです。

家事は何でもする、女子力の高い僕ですが、
唯一、裁縫だけは出来ません。

縫い針に触るコトが、怖いからです。

同じ理由から、画鋲も苦手ではありますが、
注射針と比較すれば、可愛いモノです。

針の中央に穴の開いた、
あの形が受け容れられないのでしょう。

これは、幼児時代に体験した、
アレルゲン検査のトラウマだと理解しています。

僕は、アレルギー性小児喘息を患っていましたが、

半世紀昔のアレルゲンを特定するための検査は、
沢山のアレルゲン物質を、
注射して確かめる、原始的な遣り方でした。

最近のアレルゲン検査方法は、かなりシンプルになったようですが、

多分、僕と同じスタイルの検査を受けた子供たちの殆どが、
注射に対する恐怖心を抱いているはずです。

その日、病院の処置室で待機していた僕の前に、
運ばれてきた大きめのステンレス皿の上には、

山盛の注射器が載せられていました。

しかも、2皿ありました。

一体何が始まるのか解らないまま、
僕の右腕は、その多量の注射を打たれるはめになったのです。

一皿の注射が終ると、今度は左腕に交替し、
残りの一盛の注射が打たれました。

もちろん、泣きました。
大泣きです。

しかし、抵抗すればするほど、
痛みは増すのです。

学習した僕は、
後半は凄い顔をしながら、苦痛に耐えていました。

そして、全ての注射を終えた頃には、
全体力を失っていました。

僕が検査をした小児喘息専門病院は、
東京の浅草橋にあって、

当時住んでいた埼玉の片田舎から、
何時間もかけて辿り着いた場所で、

ヘドロ臭の酷い隅田川の畔にありました。

検査を終え、ぐったり落ち込んだ自分の気分と、
隅田川のヘドロの異臭が、

ぴったりだったコトを覚えています。

電車やバスを乗り継いだ、数時間の帰路の間中、
僕の両手は痺れ続けていました。

そして、その後もトラウマとなって、
僕の心の底に、こびり付くコトになってしまい、

スターオブベツレヘムを飲めば一時的に消えはするモノの、

また、何かの拍子に思い出して、
身体が凍りつく経験を繰り返したのです。

ですが、今回もこうして、
ブログ投稿のために当時を思い出しましたが、

以前ほど、辛い気持ちは蘇りませんでした。

フラワーレメディが効いたのか、時を重ねて忘れただけなのか、
その理由は不明ですが、僕にとっては有難い反応です(笑)

半世紀を費やした好転反応なのでしょうか。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top