フッ素とは何か

フッ素を支持する、医師や学者は多いモノです。

そして多くの人々が、
歯に良い…というイメージを持っています。

最近は、そこまで目立たなくなってはいますが、

かつての歯磨きのCMとフッ素は、
無くてはならない関係でした。

あたかも「フッ素」という、

歯の健康を守るコーティング素材があるかのように、
感じていた人も少なくないと思いますが、

フッ素は、その並はずれた反応性の高さを特徴とする物質のため、
単体で存在するコトが不可能です。

そのため、他の物質と、
結び付いた化合物として存在します。

こうした特性からも、
生命に与える影響は、少なからず想像できますが、

自然界にも存在するため、
欠乏を気にする必要の無い物質でもあり、

逆なコトを言えば、
積極的に排除すべきモノであるとも言えるのです。

そんな、異種独特なフッ素の毒性に関する実験として、
知っておかねばならない事実があります。

神経毒学者のフィリス・マレニクス博士は、

彼女の開発した神経画像解析システムによって、
環境汚染物質の脳に対する影響を研究する第一人者でした。

あるとき、歯科業界で使用される
毒性物質の検査を委託された彼女は、

安全とされる許容量のフッ素による影響を調査し、
驚くべき結果を得てしまいました。

彼女の解析システムは、多動性障害、記憶障害、知能障害に繋がる、
神経細胞の毒反応パターンを表示したのです。

彼女は、これを学会で発表したところ、
即座に研究所を解雇され、
研究資金は絶たれ、活動は打ち切られてしまいました。

こうした問題以外にも、
フッ素の骨に対する害も指摘されています。

ご紹介する映像は、フッ素の問題を指摘すると供に、
なぜフッ素が生活に浸透してしまったかを説明しています。

フッ素入りの歯磨きは危険です。
そして、使えば使うほど、フッ素は蓄積します。

これに加えて、まさかと思われる商品にも、フッ素が含まれていたりもします。

日頃から、成分表示を確認する癖を、
僕たちは習慣化すべきなのかもしれませんね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top