太陽再考

エドガー・ケイシーによると、

太陽系の中心となる太陽のプラスのエネルギーは、
各惑星の持つマイナスの重力に引き寄せられ、

太陽から遠ざかるに連れ、周波数を落としながら、
それぞれの惑星にまで届くそうです。

太陽の純エネルギーは、
まず磁気まで周波数を落とし、

その後、磁気は電気に、電気は光に、
光は色に、色は熱に、熱は音になり、

最後に物質を作ると、彼は言っています。

そのため、燃えているように見える太陽は、
そう見えるだけで、実際には燃えておらず、

自然界のプロセスが、
プリズム様の色分解作用を起すため、
燃えているように見えるだけで、

そこには、太陽特有のエーテルが存在するのだとか。

僕らの世代のヒーローだった鉄腕アトムは、
その最終回で、太陽に突っ込んで溶けてしまいましたが、

そんなコトは起こらないと言うのが、
どうやら宇宙の真実のようです。

ところで、

そんな太陽のもたらす日光に関して、
いつの頃からか、奇妙な常識が定着しています。

 日光が皮膚ガンを引き起こす

…という説です。

基本に立ち返って考えれば、
太陽エネルギーは生命の恵みですから、

ガンの原因になるとは考え難いですし、

体感的にも、晴れた日は気持ちの良いモノであり、

天気が崩れる前になると、人間に限らず、
誰もが沈みがちになる事実も、良く知られています。

このように、例え地球に届くまでに、
周波数は落ちているとは言え、

太陽の力が、生命に問題を起こすというコト自体に、
矛盾を感じるのは、僕だけではないはずです。

お金の流れを追えば、
原因を突き止められるという鉄則に従うと、

この常識を展開することで、利益を得られる産業による、
プロパガンダの可能性は大きいかもしれません。

例えば、日焼け止め産業、はたまた、
製薬会社やガン保険産業が加担しているのかもしれません。

しかし、プロパガンダ説とは別に、
その歴史を遡ってみると、

どうやら、アメリカ開国の頃から、
この問題が論じられるようになったようです。

いったい、その頃、何があったのでしょう。

実はここにも、生活習慣に関係する問題が隠れていました。

言い換えるなら、食生活における問題が、
その人の肌のコンディションを変えたため、

本来、良いモノであるはずの太陽の光が、
正しい形で受容できなくなったのです。

肌のコンディションは、皮膚に含まれる抗酸化物質の、
そのレベルによって左右されます。

つまり、アメリカ開拓時代の移民たちは、
抗酸化物質の不足した状態で、
太陽の光を受け続けることになったのです。

ヨーロッパから移り住んだ彼らは、
食生活も大きく変化したため、身体の恒常性に異常が起きました。

この問題を回避するためには、
日焼け止めも、一つの方法かもしれませんが、

正しい考え方としては、
抗酸化物質を多く含む食品を摂取すべきだったのです。

それらの食品は、必ず鮮やかな色を有しています。

果物や野菜の、あの心躍る色が、
酸化を食い止める物質そのモノです。

一方、動物性食品は、どれもこれも単調な色です。

抗酸化力を語る以前に、
それらは強烈な酸性食品であるコトを思い出して下さい。

つまり動物性食品は、酸化を食い止めるどころか、
酸化を促進するコトになってしまうのです。

このようにして、肌の抗酸化力が落ちると、
日焼けによる火傷が、簡単に起こるようになります。

火傷は皮膚細胞の損傷ですから、
それを修復するために、一時的にガン細胞が生まれ、

その状態が続けば、皮膚ガンにまで発展してしまいます。

つまり、UVケアの王道も、
調和療法で提唱する純菜食に、帰着するのです。

また、肌の抗酸化レベルを上げて、しっかり太陽光を浴びれば、
ビタミンDを身体が自力で生産することができます。

ちなみに、有色人種である日本人は、
白人より長時間、日の光を浴びなければ、
ビタミンDは作られません。

こうして、ビタミンDを活かすことができれば、
80%のガンに対して、78%の減少を確認したという調査報告もあります。

つまり、太陽の光は、ガンの原因ではなく、
ガンを癒すモノだったのです。

正しい食生活にシフトすれば、
お天道様との関係性も、自然の状態に修復されるようです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top