カフェインと付き合う

コーヒーをはじめとする、
カフェインの含まれる嗜好品を好む人は多いものです。

僕も、エンジニア時代は、
相当量のコーヒーを飲んでいました。

開発の際は、徹夜も多かったので、
常に眠気と闘っていましたし、

ロボットの納品や修理のために、
車を一人で何百キロも運転するコトも多かったので、
そんな時の悩みも、眠気との闘いでした。

カフェインは、コーヒー以外にも、
コーラやお茶、ココア、チョコレート、コーラ、
そしてマテ茶などにも含まれます。

こうした嗜好品の好きな人々は、
カフェインの摂り過ぎを懸念しながらも、
ついつい、飲んでしまっているようです。

カフェイン自体は天然成分ですが、
動物の誕生時に与える害や、
心臓への負担が確認されているため、

妊部さんや高血圧症の患者さんは、
良く知られるように、摂取してはなりません。

また、カフェインの持つ刺激性の悪影響として、

心臓の動悸が速くなることや、
不整脈、血圧の上昇、

頻尿、胃酸過多、神経質、イライラの増加、
不眠、食欲不振、吐気、下痢などが挙げられます。

また、血液脂肪の上昇を招いたり、膀胱を痛めたり、
カルシウムを身体から奪うなどの弊害もあります。

さらには、過剰摂取による中毒もあり、
禁断症状としての頭痛やイライラ、過緊張なども、しばしば問題となります。

しかし、かつての僕がそうだったように、

カフェイン好きは、この成分のもたらす精神的な刺激や、
疲労や眠気の回復という恩恵を愛しています。

知覚が鋭敏になったり、
思考が明快になることさえあります。

まさに、諸刃の剣なのです。

カフェインを止めたい人、
もしくは止める必要がある人のために、

健康的、かつ無理なく実践できる、
2つの脱カフェインのためのヒントをご紹介します。

一つ目は、完全に絶とうと思わないコトです。

ダイエットでも同じですが、
食べてはいけないと思えば食べたくなり、そのストレスは甚大です。

缶コーヒーは、それ自身の酸化や、
添加物も深刻ですので避けるべきですが、

本物のコーヒーなら、摂取上限を設定して、
飲んでも良いコトにしてはいかがでしょうか。

二つ目は、代用飲料を用意するコトです。

チコリーの根から作られる代用コーヒーは有名で、
愛飲者は沢山いらっしゃいます。

なかには、コーヒーそっくりの味の楽しめる製品もあり、
コーヒー好きの妊婦さんには人気があるようです。

また、味も香りも全く異なるのですが、
ハーブティーを上手に使う方法があります。

お勧めは、エルダーフラワーやローズマリーです。

風味も良く、飲み応えがあり、
その上、健康にも良いのですから、言うコト無しですね。

前者は免疫力を向上させ、後者は記憶を助けるハーブです。

これらを上手に併用し、
カフェインに対する偏った状態が、調和できるとイイですね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top