植物性乳酸菌

先週から、植物性の乳酸菌を培養しています。

玄米に付着した乳酸菌を、
黒糖と自然塩で培養させるモノです。

乳酸菌と言えば善玉菌の代表格ですが、
生乳から作られる乳酸菌と比較して、

植物性の乳酸菌は、人間の体温や胃酸にも強く、
本当の意味で、生きて腸まで届く頼もしい存在です。

この時期であれば、一週間程度で完成します。

無農薬栽培の玄米を一合、
純黒糖60グラム、天然塩20グラム、
2リットルのペットボトル入りミネラルウォーターが材料です。

これらに加えて、清潔なザルとボウル、
そしてジョウゴを用意しましょう。

ちなみにボウルは、ザルが内側に収納できるサイズを選びます。

ボウルの内部にザルを置いて、その中に玄米を入れ、
ペットボトルの水を注ぎます。

左回りに玄米を研ぎ、ラップをして5分間放置します。

ザルごと玄米を取り出し、ボウルに残った研ぎ汁を、
清潔なジョウゴでペットボトルに戻します。

乳酸菌の培養が始まると発泡するため、
ペットボトルの容積で6分目を目安に、研ぎ汁を戻しましょう。

純黒糖を砕いて粉状にし、
天然塩と一緒にペットボトルの中の研ぎ汁に加えます。

ペットボトルの蓋をして、ボトルを軽く振ります。
純黒糖と天然塩を撹拌するためです。

ボトルの蓋を少し緩めて、
直射日光の当たらないところに置きます。

この状態で、毎日数回、ボトルを軽く振るだけです。

2~3日すると、ペットボトルが膨らみはじめ、
一週間ほどで培養は完了となります。

蓋を開けたときに、プッシュっという音とともに、
リンゴジュースのような酸っぱい匂いがしたら成功です。

鼻につく異臭がした場合は、
失敗ですので、破棄して下さいね。

出来上がった乳酸菌溶液は、冷蔵庫で保管します。
保管の目安は半年です。

こうして完成した乳酸菌溶液を、
9倍の量の豆乳と合わせて、40度で7時間発酵させれば、

美味しい豆乳ヨーグルトになります。

出来上がった豆乳ヨーグルトは、そのままでも美味しいですが、
塩麹と合わせて、ドレッシングやパスタソースにすると、

発酵系の濃厚さの楽しめる一皿が、簡単に出来上がります。

ちなみに、豆乳ヨーグルトにせずとも、乳酸菌溶液のままでも、
良質な乳酸菌を摂取できるのですが、

豆乳の中で最発酵することで、
乳酸菌の量が桁違いに増えるコトが判っています。

乳酸菌溶液の1グラム中の乳酸菌数は、
760万個前後なのですが、

豆乳ヨーグルトにすると、3億5000万個にまで増えるそうです。

ある実験では、乳酸菌溶液を2週間まで培養し、
それをタネにしたヨーグルトでは、
最大で18億個もの乳酸菌が確認できたとか…。

物凄い数ですね(笑)

市販される、大手食品メーカーのヨーグルトでも、
1グラム中の乳酸菌数は1億個前後ですので、

豆乳ヨーグルトの乳酸菌の底力が、
この数値だけでも、判って頂けるはずです。

大豆は、本来は陰性食品なのですが、
発酵するコトで陽性に転じ、身体を温めてくれます。

手作りの乳酸菌や、自家製豆乳ヨーグルトで、
病気と縁遠い、健やかな腸内環境を目指しましょう。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top