腸内宇宙と食物繊維

僕たちの腸内には、
判っているだけで、1000兆個の腸内細菌があって、
その種類は3万種に及ぶそうです。

多種多様な菌が、想像を遥かに超える複雑な世界を作り出しており、

それは、腸内宇宙ファンタジィとも言える、
素晴らしい世界なのですが、

これらを、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3つに分類し、

悪玉菌を完全に悪者扱いし、
それらを排除すべきと論じる専門家も少なくありません。

しかし、健康な身体にも、
悪玉菌の一種であるフィルミクテス門菌が、
相当数存在するのですから、

これらの悪玉菌たちにも、
腸内に存在する本来の理由があるはずです。

一番判りやすいのが、そのバランスでしょう。

たとえば、ストレス性の偏食が重なったりすれば、
腸内環境のバランスは大きく崩れ、

いわゆる悪玉菌が増殖し過ぎて、
大きな問題を起こすキッカケになるだけなのです。

悪玉菌の代表格と言えば、大腸菌ですが、
この大腸菌でさえ、身体にとって大切な仕事をしています。

 ええっ?!
 大腸菌が?!
 まさかぁ?!

そんなリアクション、されたのでは?

大腸菌は、腸内に病原体が入って来ると、
いち早く、これを退治しようと働いてくれますし、

食物繊維を分解するプロセスで、
ビタミン類を合成する働きも担っています。

ただし、こうした悪玉菌たちが、
本来の良い行動(?)をするためには、

彼等の活動の栄養源となる食物繊維が、
充分に提供されているときに限られます。

つまり、食物繊維の豊富な腸内では、

悪玉菌は悪さをせず、
腸内で優位になるコトも無いのです。

ところが、肉や魚や乳製品、揚げ物、加工食品、
インスタント食品、精白食品ばかり食べていると、
悪玉菌が過剰に増殖してしまい、

腐敗物質やガスを大量に作り出し、
活性酸素を発生させ、一転して病因を作り出しはじめます。

ご存じの通り、その食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類がありますが、
双方とも腸内環境の改善に役立ちます。

水溶性食物繊維は、ワカメなどの海藻類、
インゲンや小豆、大豆などの豆類の他、

エシャロット、ニンニク、ゴボウ、キャベツ、
アボガド、梅干しなどに多く含まれ、

納豆、メカブ、モロヘイヤ、オクラ、山芋などの、
ネバネバ食材にも多く含まれます。

また、不溶性食物繊維は、
水溶性で紹介した豆類とネバネバ食材の他に、

シソ、パセリ、ニラなどの香味野菜、
キクラゲ、椎茸、シメジなどのキノコ類、
干瓢、切干大根などの乾物にも多く含まれ、

腸内のカスや、細菌の死骸を絡め取り、
排便量を増やして浄化力を高めてくれます。

豆類やネバネバ食材は、
2種類の食物繊維を有していますので、

毎日、積極的に食べたいところですね。

僕たちの遠い祖先となる原初生命は、腸だけで構成され、
その腸から、各種の臓器が派生し、今に至っています。

大切な腸を良い状態に保てば、
良質の血液が作られ、

良質の血液が、体内組織を作り出すのですから、

腸内環境の改善が、万病予防に繋がるのは、
もはや当然と言えそうですね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top