焼けた惑星

古典占星術では、コンバスチョンという惑星のシチュエーションがあります。

出生のホロスコープにおいて、太陽の前後8度に入った惑星を、
コンバスチョン(=焼けた)として捉え、様々な鑑定を進めるのですが、

それは、太陽と近過ぎたあまりに、惑星が焼かれ(コンバスト)
非常に力が弱まって、厳しいディビリティ(衰弱)に陥った状態です。

惑星同士の重なるアスペクト(星位)と異なり、
互いのサイン(星座)が異なっても、コンバスチョンは成立します。

ちなみに、同じ惑星であっても、
土星周期の外の惑星(天王星、海王星、冥王星)では、
この問題は起こりません。

ところで、惑星は焼かれると、どうなるのでしょう。

前述のとおり、惑星の力は半分以下に弱まってしまいますから、
その惑星の良い面も、悪い面も、人生の中で自覚し難くなるばかりか、

その惑星に支配されているサインやハウスまでもが、
上手く機能しなくなってしまいます。

ですが、焼失したワケではありませんので、
その惑星の課題や周囲への影響は、衰弱した状態で残り続けます。

例えば、あなたの出生のホロスコープで、水星が焼かれていたとしましょう。

すると、水星の支配する双子座と乙女座が、存分に機能しなくなりますので、
その2サインが起点となるハウスも機能し難くなり、

そればかりか、双子座と乙女座にある別の惑星も、
リーダーシップを期待していた水星の力が衰弱したため、

自身のディグニティ(惑星としての個の力)を、発揮し難くなってしまうのです。

少々面倒な状態だと言うことは、ご理解頂けたと思うのですが、
ここで注意せねばならいコトは、

実際の水星が焼かれてしまったのではなく、
あなたが生まれた瞬間の水星が、その力を存分に発揮できなかっただけであり、

リアルな水星自体は太陽系で機能し続けている点です。

つまり、出生のホロスコープの焼けた水星は修復できませんが、

言い替えるなら、あなたの生れながらの持ち味としての水星力は衰弱していますが、
自身の水星力を異なる形で補強し、リアルな水星と共鳴させれば、

こうしたコンバスチョンの問題を克服する生き方を選べるのです。

以下は、水星の古典解釈からの抜粋です。

水星は、あらゆるレベルにおける情報を処理することと関連し、コミュニケーション、論理、そして知的能力を支配する。外界を知覚し、判断し、その意味を理解するための能力でもある。さらに水星は、あらゆる物理的意味での繋がりも支配し、そこには旅や様々な形態の移動も含まれ、わたしたちがいかに他者と関係するかだけではなく、自分が自身とどのように関係するかも示す。

原文を一割以下にまで要約してみましたが、
水星に関する捉え方の大枠は判って頂けますでしょうか。

人生において、この一連の内容を発揮するための、
あなたの生れながらの水星力は衰弱しているけれど、

半分以下になっているその力を、あなたの意志と行動で補えば良いのです。

例えば、水星という性格上、学ぶ姿勢と関連しますから、
学習時の集中力の欠如という形で、問題が表れるかもしれませんので、

そのためには、自身の集中を欠きかねない要因を、あなたの生活から可能な限り排除するのです。

例えば、少食になる、朝方の生活に切り替える、
軽いウォーキングによる脊椎弛緩とリフレッシュを習慣化させるなど、

学ぶためのエネルギーを、積極的に温存する生き方にシフトさせれば良いのです。

古典占星術は、その方に相応しい調和点に辿り着くための、
人生の旅の地図であり、羅針盤でもありますが、

同時に、このコンバスチョンのように、自身に降りかかっている問題を受容させ、
前向きに、そして有意義に生きるための、具体的な方法も教えてくれます。

平成最後の新月となった4月5日、ひかりあめは婚活支援をはじめましたが、
それは、このホロスコープ療法を軸としたプログラムであり、

今回ご紹介したようなアプローチが、
結果として結婚体質を磨くコトになるという理由を、ご理解頂ければ幸いです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top