脱コンフォートゾーン/後編

昨日の投稿に引き続き、より良い自分への成長方法について、
その核心となるお話しをお届けします。

僕たちは、その脳の構造上、

コアとなる延髄(=古代脳)から、
行動を司る、脳の外側の大脳まで、

インサイド・アウト(内側から外側へ)の法則を、
満足させる必要があって、

大脳の管轄となる行動を、
その内側の間脳の管轄となる感情が満足し、

その感情を満足させるための、
その内側となる延髄の管轄となる、

行動を起こさせる感情のキッカケとなる、
「なぜ?」の揃った状態が理想的だと既にご説明しました。

つまり、日常を支える、
行動原理のどこかに歯抜けがあると、

表面だけの活動をしてしまいがちになり、
充実感とは縁遠い生き方になってしまうワケです。

そして、そうした行動の根底を支える「なぜ?」の、
さらに内奥の「あなただからこその決意」が明確であれば、

さらなる充実感を得るコトが可能なのですが、

得たい充実感を得られない、
得たい幸せに包まれてない、その原因は、

得たいそれらに、相応しい自分になる「決意」が、
貴方には足りないのかもしれず、

その「決意」を邪魔する存在こそが、
今回の連載の表題となる「コンフォートゾーン」なのです。

猫たちの極上の居心地の良さが漂う、とても素敵な写真ですね。

さて、今回の表題に関わる「コンフォート」とは、
ご存知の通り、「居心地の良さ」を表す英語です。

そんな居心地を約束する領域(=ゾーン)を、
僕たちは、各人の価値観として所有しています。

「コンフォート」の響きからして、
写真のような快適なイメージを受けますが、

実際には、そうとは限らず、
どちらかと言うと、不快な場合の方が多かったりします。

それは、人間が変化を求めない生き物であるため、

その状態が、例えネガティブであろうと、
「いつもの自分」であるコトに、安心感を見出してしまうためです。

その結果、自身のコンフォートゾーンの、
外側にあるコトに対しては、

本納的な防御機能が働いて、
関心を抱いても、自分で無理矢理掻き消したり、

何かの勢いで、ゾーンから離れるコトに一時的に成功しても、
心のブレーキが強烈に掛かって、

 それって、難しくない?
 絶対、自分には合ってないよね。

…のような、心の声が聴こえて、
ついつい、ゾーンの内側に戻ってしまうのです。

心のブレーキは、他ならぬ自分の心の声ですので、
無視するワケには行きません。

そんな声に対する客観的な姿勢を育みつつ、上手に付き合い、
得たいモノに相応しい自分になるために、

セルフイメージを徐々に変える必要があるのですが、
そのためには、どうしたら良いのでしょうか。

ココでやるべきコトは、

自分の価値観を素直に認めた上で、
その価値観に疑問を持つコトなのです。

なぜなら、人間の価値観の多くは、

その価値観を初めて味わったその時に、
関わった他人(親や先生など)によって作られたモノで、

こともあろうに、それを、
人生のルールとして引き摺っている人も少なくありません。

人生のルールとは、言い替えるなら、
自分を制限してしまう観念(=考え方)なのですから、

コンフォートゾーンから脱出できなくなる、
最も大きな力になっていても、不思議はありません。

ですから、いつ、どんな時でも、

今、そこで起こっている物事の両面が存在すると知り、
自分の成長に相応しい方の側面を、

選択する覚悟を決めてしまいましょう。

これは、人生最悪の出来事になるかもしれないコトを、
最高の出来事に変えるチャンスでもあります。

つまり、

 その制限を活かせるか?
 ピンチをチャンスにシフト出来るか?

…という、貴方への質問なのです。

起こっている物事の両面を、いつも感じるように心掛け、

例え、強く感情が動いても、自分固有のモノの見方が、
そうしているだけと察すれば、

その出来事のポジティブな側面を選択して、

制限を活かし、ピンチをチャンスに変えるコトは、
難題でも、不可能でもありません。

そして、この大胆な発想の操作こそが、
貴方のコンフォートゾーンの境界を曖昧にします。

元来、そういったゾーンの境界は、
自分から積極的に関わろうとしないために明確ではありませんので、

そうした象徴的な部分を逆手にとって、
利用してしまえばイイのです。

そして、曖昧にさえなってしまえば、こっちのモノ。

だって、どこまでがゾーンか判り難いのですから、
少し広めに宣言してしまえば、

その瞬間から、貴方のゾーンは拡大しちゃいますよね(笑)

自分を変える必要など、何も無いのです。
そして、コンフォートゾーンから離脱する必要も無いのです。

そのゾーンを、自分と折り合いを付けながら、
少しずつ広げて行けば、

貴方の居心地は保たれたまま、
最高の人生を楽しめるようになるのです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top