パンケーキ症候群

今日の表題となる「パンケーキ症候群」は、
日本人の僕たちには、聞き慣れない響きかもしれません。

第一印象では、小麦の持つグルテン系疾患のように聞こえますが、
実際は、そうではありません。

この問題は、1993年のアメリカで最初に発見され、

翌々年には、この日本でも熊本大学が報告して以来、
その発生件数は、年々増加の一途を辿っているようです。

それは、

調理後に残ったパンケーキの粉を、
常温保存するコトによって、

袋の中にダニが侵入して、
そこを巣として異常繁殖してしまい、

そうした粉末を使った料理を食べて、
強いアレルギー反応を起こすコトを、
パンケーキ症候群と呼ぶのですが、

日本では、その90%以上が、
パンケーキではなく、
お好み焼きの粉で起こっているのです。

現代人が、アレルギー反応を起こす、
主要アレルゲンのダントツトップがダニで、

その後に、ハウスダスト、スギ花粉、
大豆、牛乳、卵…と続くのですが、

実はこの、ダニのダントツトップぶりは半端ではなく、
2位のハウスダストの2倍以上に及びます。

小麦アレルギーは、それから比べると、
かなりの少数派のため、

グルテンに、何の反応もしないはずの人が、
パンケーキやお好み焼きを食べて、

ダニアレルギーに悶絶するコトになるのですから、
食品の保管には、細心の注意を払いたいモノです。

密封容器や輪ゴム等で縛って保管しても、
ダニたちは難なく、その中に入って行けますので、

やはり、しっかり冷蔵保管をし、
早めに消費するよう心掛けるべきでしょう。

この他にも、

贈答用のヨーグルトに卵黄が入っていたり、
蒲鉾に乳製品が練り込まれていたりと、

市販の食品には、思わぬ落とし穴も多く、

また、例え原材料に含まれていなくても、
同じ製造ラインで流れていたアレルゲン物質に、

全く関係の無い食品経由で、
問題を起こす場合も少なくないようです。

僕自身も、かつてはカビやハウスダストに過剰反応し、
気管支喘息を発症する体質でしたが、

10年前から始めた純菜食や減食、
そして、水シャワーの励行のおかげで、

アレルギー性の喘息とは、完全に決別できています。

今では率先して、家に発生したカビの拭き掃除もしますが、
喘鳴ひとつなく、いたって健康です。

ダニが大量に繁殖した粉類を、
調理して食べるのコトは危険極まりないとしても、

そうした目に見えぬ存在に、
目を光らせて疲弊するのか、

自身の体質を改善して、気にせずに暮らし続けるか、

当たり前のコトなのですが、
選ぶのは、もちろん僕たちなんですよね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top